drag_handle
News News
「生殖補助医療分野における機能性食品原料の展開」を開催
Digital X Medical Open Innovation
July 2, 2021
BrainEnergyは、機能性素材・健康食品分野で先進的な取り組みを展開する株式会社ダイセル様、株式会社メニコン様をお迎えして、機能性素材・健康食品分野のビジネスモデル創出に関する3社対談を行いました。


【対談の背景と内容】
昨今の健康志向の高まりを背景として、栄養価の高い食べ物やドリンクの市場が拡大し、機能性食品素材の売上は増加しています。健康食品の主力ユーザーである高齢者層における健康長寿への関心の高まりだけでなく、若年層における体づくりや健康・美容・アンチエイジング意識の向上も背景となり、市場規模は今後も拡大が予想されています。

ダイセル様は同社のヘルスケア事業(特に機能性食品原料)の最新情報について、アンチエイジング・抗疲労・美肌・抗アレルギー・骨等に関連する食品原料素材の製造販売をすすめています。特に女性とエイジングをキーワードとした独自ブランドも展開されています。

アンチエジングの世界市場は、人々の容姿などへの意識の高まりから需要が増大しており、メーカー各社は研究開発を加速させて新たな製品・技術が登場しています。消費に迅速な結果を示すことのできる安全かつ効率的な製品が求められおり、パーソナルヘルスケア、フィットネス、美容等、領域としても幅広くシナジーが期待され、世界市場規模は2026年には800億米ドルに達すると予測されています。

メニコン様は、同社の経営計画におけるヘルスケア・ライフケア事業等の取り組みについて特に生殖補助医療分野などにおいて健康補助食品等を展開しており、これに加え動物医療事業においても検査用機器や栄養補助食品などの販売を強化しています。世界の動物医療は、ペットや家畜の慢性疾患の増加や、動物医療の向上を目指す各国の取り組み等今後の需要拡大が予想されています。
今回、栄養補助食品のみならずペットの病気の早期発見等についての可能性に関しても活発な議論が繰り広げられました。


【オンライン対談の開催概要】
▪参加者: 株式会社ダイセル様
     株式会社メニコン様
     BrainEnergy株式会社
▪トピック:生殖補助医療分野における機能性食品原料の展開


【ご参加者様概要】
▪株式会社ダイセル様
セルロイド製造を起点としてセルロース化学、有機合成化学、高分子化学等の事業を展開しています。モビリティ、エレクトロニクス、メディカル、ヘルスケア、環境・エネルギー等の各分野でグローバルに製品を販売しています。

▪株式会社メニコン様
同社は日本で初めて角膜コンタクトレンズを開発しました。コンタクトレンズやレンズケア用品の研究開発、製造、販売までを自社で一貫して行っています。コンタクトレンズ開発等で培われた技術をベースとして、環境・バイオ、ライフサイエンス、動物医療等で新事業開発を進めています。

▪BrainEnergy株式会社
BrainEnergyはこれまで国内・海外の医療機関や研究施設と膨大な中枢神経データを解析してきた実績があり、脳活動と身体の働きをサポートする技術開発やバイオフィリックデザインとデジタル医療技術による空間構築に取り組んでいます。