drag_handle
デジタル・メディカル・オープンイノベーション
Digital Medical Open Innovation
BrainEnergy produce DigitalMedical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
Digital Medical Open Innovation CloudTM
世界中から圧倒的に高速で検出する技術
The Exclusive Features Our Provide
World News
世界各国のスタートアップ情報・最新ニュースの分析を通して関連性の高い情報を毎日お届けします
Financial Analyze
リアルタイムの金融情報と企業情報を分析
Search & Filtering
多彩な検索オプションによる高感度な検索とアルゴリズムによる高機能な絞り込みで見つけたい情報を自在に探し出します
Recommendation
タイムリーであなたにぴったりな情報のおすすめ機能
Webinar
毎週開催されるウェビナーによる最新技術情報の提供
Analyze & Visualize
すべての解析結果は自動でわかりやすく表示されます
Transform Your Business With Cloud
ヘルスケアの未来を探しに
OUR TECHNOLOGY HELPS YOUR BUSINESS
私たちの技術があなたのビジネスの助けになる
Technology
「仕事のミスを減らす秘訣」を解説、3つの要因と対処法とは
最近の人為的ミスによる事故では、、複数の報道や分析記事を読む限り、連絡ミスやマニュアルの不備・不徹底など、ヒューマンエラーの要素が大きかった可能性もあるようだ。
ダイヤモンド・オンライン
ファイザーがCOVID-19の対応でアジアにおけるリーディングカンパニーに浮上
ファイザーは、APAC地域の患者団体による「製薬会社の企業評判」調査において、COVID-19への対応、患者中心主義、患者の安全性、革新的で高品質な製品の提供において、アジアの製薬会社の中で第1位にランク付けされた。
BioSpectrum

Articles

iPS細胞培養、両腕ロボットとAIで効率的に
理化学研究所などのチームが、人の両腕のようなアームを持つロボットと人工知能(AI)を組み合わせ、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から効率よく目の網膜細胞を作り出すことに成功した。
読売新聞オンライン
勤務医の6人に1人が「不健康」
日本医師会医師の働き方検討委員会は、日本医師会会員のうち勤務医の就労環境や健康状態、医師の働き方改革に関する第3回調査の結果を公表した。
時事メディカル
閉経前女性における肥満度と乳癌発生率の関連性:日本全国規模のデータベース研究
1.東京大学病院乳腺・内分泌外科の研究者らは、国内の大規模医療データベース用いてBMIと乳がんとの関連を調査した。 2.日本人女性の90%以上は45歳以降に閉経を迎えるとされるが、今回の調査により、東アジアにおいてBMIが閉経前乳がんリスクに及ぼす影響が欧米と同様であることが示された。 3.今回の結果に基づけば、肥満者が少ない日本を含む東アジアでは閉経前の40歳代から乳がんになりやすい一方で、肥満がリスクとなる閉経後乳がんは比較的少ないものと推測できる。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35665439/
若年成人の自殺念慮に対する治療用スマートフォンアプリの効果。オーストラリアで実施された無作為化比較試験の結果
1.オーストラリアの研究者らは、近年注目されているスマホアプリによる自殺念慮への介入効果に着目し、治療用スマホアプリ「LifeBuoy(ライフブイ)」を用いた二重盲検ランダム化比較試験を実施した。 2.結果、自殺念慮評価スコアが有意に改善され、LifeBuoyは若年層における自殺念慮を低減させる可能性が示唆された。 3.デジタル治療は、ターゲットを1つに絞ったデザインにすることでより効果を発揮する可能性があると考察された。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35639672/
バーチャルコミュニケーションは、創造的なアイデア創出を抑制する
1.アメリカの研究により、対面での会議と比べてウェブ会議では出席者から出てくるアイデアの数が少なく、創造的なアイデアが生まれにくいことが分かった。 2.これまでの研究から視覚的注意と認知的注意に関連があることが示されていて、ウェブ上だとアイデアの生成に不可欠な連想処理がされにくくなることが原因だという。 3.しかし、今回の研究では、対面での会議と比べてウェブ会議では創造的なアイデアは生まれにくいが、アイデアを選択する場合にはウェブ会議が劣っていることを示すエビデンスは得られなかった。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35477754/
「仕事のミスを減らす秘訣」を解説、3つの要因と対処法とは
最近の人為的ミスによる事故では、、複数の報道や分析記事を読む限り、連絡ミスやマニュアルの不備・不徹底など、ヒューマンエラーの要素が大きかった可能性もあるようだ。
ダイヤモンド・オンライン
ファイザーがCOVID-19の対応でアジアにおけるリーディングカンパニーに浮上
ファイザーは、APAC地域の患者団体による「製薬会社の企業評判」調査において、COVID-19への対応、患者中心主義、患者の安全性、革新的で高品質な製品の提供において、アジアの製薬会社の中で第1位にランク付けされた。
BioSpectrum
国内スタートアップ6社がブラジル展開支援企業に選定
ブラジル輸出投資振興局とブラジル・プライベートエクィテイ・ベンチャー・キャピタル協会は、日本とイスラエル、シンガポールの3カ国のスタートアップ企業がブラジルでビジネス展開するための支援プログラムに参画する20社(うち日本企業6社)を発表した。
JETRO
コロナ心の健康相談、前月比546件増加
厚生労働省は30日、「新型コロナウイルス感染症にかかる心の健康相談に関する精神保健福祉センターの対応状況」(7月分)を公表した。
CBニュース
ファミリーマート、腸活素材「スーパー大麦」使用の新商品4品発売 健康志向の高まりに対応
ファミリーマートは、健康志向のニーズに応えることを目的に、腸活素材であるスーパー大麦「バーリーマックス」を使用した新商品を4品発売する。
ITmediaビジネス
シンガポールで医療改革を強化するイノベーショントピックが選定
保健省ヘルスケア・イノベーション・センター(CHI)、テマセク財団(TF)によるHealthcare InnoMatch2022で、6つのイノベーショントピックが受賞した
Biospectrum Asia
サイバートラスト、「iTrust」とY4の健康管理プラットフォーム「GENKIMIRU」が連携
サイバートラスト株式会社は、株式会社 Y4.comが運営する健康管理プラットフォーム「GENKIMIRU」に、サイバートラストが提供するトラストサービス「iTrust」シリーズの「iTrust 本人確認サービス」を導入し、8月末よりGENKIMIRUプラットフォームと連携するアプリ「Vital Gain」の提供を開始する。
日本経済新聞
オーストラリアで放射性医薬品に関する産学連携を実施
オーストラリアに拠点を置くテリックス社は、クイーンズランド大学(UQ)を中心とする申請コンソーシアムの一員として、新しい産業転換研究プログラム(ITRP)ハブを設立するために480万ドルのオーストラリア研究会議(ARC)助成金を共同で授与された。
BioSpectrum
女性の健康課題を楽しく改善する「FemDan」プログラムを開始
「Well-being First!」を企業ミッションに掲げる、株式会社東急スポーツオアシスは、女性の健康課題に特化したダンスプログラム「FemDan」のレッスンを開始する。
オリコンニュース
中国で加速するmRNA医薬品の開発
中国のPorton Advanced Solutionsは、蘇州Royaltech Med Co.と戦略的協力関係を結び、遺伝子治療に用いる微生物ベクター(MVGT)(リステリア菌)およびmRNA薬剤プラットフォーム技術の確立を共同で推進し、バイオ新薬の研究開発プロセスを加速させると発表した。
BioSpectrum
放射線領域のスタートアップによる新しい画像診断プラットホーム
放射線科のスタートアップ企業であるChiasmは、医療の画像診断プロセスを変革するプラットフォームを開発した。
business wire
陰謀論や疑似科学を信じ込んでしまう人の、典型的な特徴
陰謀論や疑似科学のような怪しい言説は、SNSの普及なども要因となって、広く流布しているが、信奉者には典型的な特徴がある。
ダイヤモンド・オンライン
韓国企業が次世代CAR-NK細胞療法に注力
韓国のGI Cellは、香港のHK inno.N.と同種異系CAR-NK候補の研究開発提携を発表した。
BioSpectrum
批判されてもカッとならない、「耳の痛い言葉」をプラスに活かす方法
耳の痛い言葉を役立つものに変えるためには、まずは、感情抜きで批判を受け入れることが大事である。
ダイヤモンド・オンライン
韓国の美容専門家が選ぶ、これから注目すべきK-beautyの"7つのトレンド"
化粧品OEMのプラットフォームを展開するCosmepolitan Pte. Ltd.は、韓国で化粧品の研究開発・生産・販売を行うADWIN KOREA CORP.が選定した「2022年に注目すべき7つの化粧品キーワード」と、関連する新製品を公開した。
PRTIMES
今年上半期の食のトレンドに関するキーワード
代替食やアップサイクルフードは環境配慮や動物保護という世界観を打ち出しているが、日本で代替食を積極的に食べているのは、健康配慮の意識が高い人が多く、環境意識に共感して購買に至る消費者はマジョリティーといえない。
@DIME
シーメンスヘルスケアのCOVID-19 抗原迅速テストが一般用検査薬として承認取得
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を検出する検査薬「クリニテスト COVID-19 抗原迅速テスト(一般用)」が一般用検査薬(第1類医薬品)として承認された。
日本経済新聞
初任給が上がっても会社を辞めたい若者が多い訳
今春の新入社員と就職後1年を経た社会人2年生の20代男女を対象とした意識調査によれば、新入社員の25.0%は最初に就職する会社で「定年まで働きたい」と回答している一方、入社前から早期退職をイメージしている人も多くいる。
東洋経済オンライン
新たに資金調達した健康保険ナビゲータスタートアップ
テクノロジーを駆使した保険ナビゲーターのFair Square Medicareは、シリーズA資金として1500万ドルを調達したことを発表した。
mobi health news
遠隔医療検査サービスプロバイダと配送アプリ開発企業の連携
ヘルスケアにおけるデジタルディスラプターであるサーティフィックは、オンデマンド配送アプリのZappと提携し、同社の医療診断製品を24時間直接患者に配送できるサービスを開始した。
HEALTH TECH DIGITAL
周りに慕われるリーダーがしている評価の伝え方
メンバーに年次の評価結果を伝えるときは、正確に伝える必要がある。
東洋経済オンライン
グーグル、人工妊娠中絶を行う医療機関を検索結果に表示へ
Googleは、人工妊娠中絶を行う医療施設を検索と地図で明確に表示し、人工妊娠中絶を求めるユーザーの混乱を減らすとしている。
mobi health news
米国AI診断スタートアップがシリーズB資金調達
AI対応診断会社のDigital Diagnosticsは火曜日、KKRが主導するシリーズB資金調達ラウンドで7500万ドルを調達したことを発表した。
mobi health news
ニュージーランドの医療向上に貢献するデジタル人材
ニュージーランドのビジネス・イノベーション・雇用省は、AI企業ソウル・マシンズによる自律的に動く「デジタル人間」の医療成果向上への活用を模索する3つの地元研究プロジェクトを支援する。
mobi health news
COVID-19によるシンガポール建設業界への影響の軽減
シンガポールでは現在、オミクロンの変異型であるBA.5とBA.4によって引き起こされたCOVID-19の新たな感染に直面している。
BioSpectrum
新興ソフトウェア企業が、患者のパーソナライズケア実現を目的とした資金調達を実施
ケアコーディネーション・ソフトウェアのCareHarmonyは、Maverick Venturesが主導し、Nashville Capital Networkが参加するシリーズA資金調達ラウンドで1500万ドルを調達した。
mobi health news
コロナ感染症にも使われる漢方とは
漢方は、慢性疾患にじわじわ効く印象があるが、実は急性疾患にもよく使われており、。新型コロナウイルス感染症も例外でなく、日本東洋医学会は新型コロナの関連症状に対し、2020年3月から学会主導の臨床研究に取り組んでいる。
日経スタイル
アマゾンが「@cosme」と提携 美容を強化
化粧品・美容の総合サイト「@cosme」を運営するアイスタイルは、アメリカのアマゾン・ドット・コムとの業務資本提携を発表した。
FNNプライムオンライン
茨城・つくばみらい市が実証実験 バランスボールで健康、仕事に弾み
茨城県つくばみらい市は、健康用品の「バランスボール」を一部の職場で事務用椅子の代わりに使う実証実験を始めた。
茨城新聞クロスアイ
デジタル化で予防医学に参入する生命保険会社の取り組み
日本生命は、2020年から糖尿病の予防プログラムの提供を始め、さらに今年から、糖尿病の予防プログラムの開発で蓄積したノウハウを応用してメンタルヘルスケアのプログラムの研究開発に乗り出している。
JDIR
台湾で脳外科手術用自律型ナビゲーションロボットが初認可
台湾のスタートアップ企業であるブレインナビの脳神経外科用ナビゲーションロボット「NaoTrac」は、台湾の食品医薬品局(TFDA)の認可を取得し、2022年末までに米国食品医薬品局へ申請して認可される予定である。
BioSpectrum
シンガポール新興企業、アジア太平洋地域の従業員向けメンタルヘルスケアを拡大
シンガポールに本社を置くメンタルヘルスの新興企業であるインテレクトは、タイガー・グローバル主導のシリーズA延長戦で1000万ドルを追加調達し、インテレクトのシリーズA総額は2000万ドル(2780万SGD)に達した。
Bio Spectrum
日清食品が「即席」完全食を発売
日清食品が、インスタント食品に対する罪悪感を解消し、理想的な栄養もとれるインスタントの完全栄養食を発売した。
日経スタイル
アマゾン「がんワクチン開発」に参入
アマゾンが本拠を置く米ワシントン州シアトルの研究機関「フレッド・ハッチンソンがん研究センター」と共同で、がんワクチンの開発に取り組んでいる。
ビジネスインサイダー
ロンドンで熱波40.2度「健康でも命の危険」 英の観測史上最高
英気象庁は19日、首都ロンドンのヒースロー空港で英国の観測史上最高気温となる40・2度(速報値)を記録したと発表した。
毎日新聞
女性の健康問題を解決「フェムテック市場」が急拡大、その背景とは?
女性が抱える健康課題を解決するテクノロジーや商品・サービスである「フェムテック」の市場に大きな成長が見込まれているという。
ダイヤモンドオンライン
Akili Interactive、デジタルヘルス関連の採用を増加
小児ADHD治療用ビデオゲーム型デジタル治療器のメーカーであるアキリ・インタラクティブ社は、同社の株式公開後の取締役候補を発表した。
mobi health news
節電プログラム「参加するつもりない」72% JNN世論調査
物価高などへの対策として政府は、電力会社が提供する節電プログラムに参加した家庭に節電ポイントを与えるとしているが、節電プログラムに「参加するつもりはない」と考えている人が72%もいることが、最新のJNNの世論調査でわかった。
TBSNEWS DIG
iPS細胞培養、両腕ロボットとAIで効率的に
理化学研究所などのチームが、人の両腕のようなアームを持つロボットと人工知能(AI)を組み合わせ、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から効率よく目の網膜細胞を作り出すことに成功した。
読売新聞オンライン
勤務医の6人に1人が「不健康」
日本医師会医師の働き方検討委員会は、日本医師会会員のうち勤務医の就労環境や健康状態、医師の働き方改革に関する第3回調査の結果を公表した。
時事メディカル
閉経前女性における肥満度と乳癌発生率の関連性:日本全国規模のデータベース研究
1.東京大学病院乳腺・内分泌外科の研究者らは、国内の大規模医療データベース用いてBMIと乳がんとの関連を調査した。 2.日本人女性の90%以上は45歳以降に閉経を迎えるとされるが、今回の調査により、東アジアにおいてBMIが閉経前乳がんリスクに及ぼす影響が欧米と同様であることが示された。 3.今回の結果に基づけば、肥満者が少ない日本を含む東アジアでは閉経前の40歳代から乳がんになりやすい一方で、肥満がリスクとなる閉経後乳がんは比較的少ないものと推測できる。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35665439/
若年成人の自殺念慮に対する治療用スマートフォンアプリの効果。オーストラリアで実施された無作為化比較試験の結果
1.オーストラリアの研究者らは、近年注目されているスマホアプリによる自殺念慮への介入効果に着目し、治療用スマホアプリ「LifeBuoy(ライフブイ)」を用いた二重盲検ランダム化比較試験を実施した。 2.結果、自殺念慮評価スコアが有意に改善され、LifeBuoyは若年層における自殺念慮を低減させる可能性が示唆された。 3.デジタル治療は、ターゲットを1つに絞ったデザインにすることでより効果を発揮する可能性があると考察された。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35639672/
バーチャルコミュニケーションは、創造的なアイデア創出を抑制する
1.アメリカの研究により、対面での会議と比べてウェブ会議では出席者から出てくるアイデアの数が少なく、創造的なアイデアが生まれにくいことが分かった。 2.これまでの研究から視覚的注意と認知的注意に関連があることが示されていて、ウェブ上だとアイデアの生成に不可欠な連想処理がされにくくなることが原因だという。 3.しかし、今回の研究では、対面での会議と比べてウェブ会議では創造的なアイデアは生まれにくいが、アイデアを選択する場合にはウェブ会議が劣っていることを示すエビデンスは得られなかった。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35477754/
デジタル・メディカル・オープンイノベーション
Digital Medical
Open Innovation
BrainEnergy produce DigitalMedical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
Digital Medical
Open Innovation CloudTM
世界中から圧倒的に高速で検出する技術
The Exclusive Features
Our Provide
World News
世界各国のスタートアップ情報・最新ニュースの分析を通して関連性の高い情報を毎日お届けします
Financial Analyze
リアルタイムの金融情報と企業情報を分析
Search & Filtering
多彩な検索オプションによる高感度な検索とアルゴリズムによる高機能な絞り込みで見つけたい情報を自在に探し出します
Recommendation
タイムリーであなたにぴったりな情報のおすすめ機能
Webinar
毎週開催されるウェビナーによる最新技術情報の提供
Analyze & Visualize
すべての解析結果は自動でわかりやすく表示されます
Transform Your Business With Cloud
ヘルスケアの未来を探しに
OUR TECHNOLOGY HELPS
YOUR BUSINESS
私たちの技術があなたのビジネスの助けになる
Technology

Articles

韓国の美容専門家が選ぶ、これから注目すべきK-beautyの"7つのトレンド"
化粧品OEMのプラットフォームを展開するCosmepolitan Pte. Ltd.は、韓国で化粧品の研究開発・生産・販売を行うADWIN KOREA CORP.が選定した「2022年に注目すべき7つの化粧品キーワード」と、関連する新製品を公開した。
PRTIMES
今年上半期の食のトレンドに関するキーワード
代替食やアップサイクルフードは環境配慮や動物保護という世界観を打ち出しているが、日本で代替食を積極的に食べているのは、健康配慮の意識が高い人が多く、環境意識に共感して購買に至る消費者はマジョリティーといえない。
@DIME
シーメンスヘルスケアのCOVID-19 抗原迅速テストが一般用検査薬として承認取得
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を検出する検査薬「クリニテスト COVID-19 抗原迅速テスト(一般用)」が一般用検査薬(第1類医薬品)として承認された。
日本経済新聞
初任給が上がっても会社を辞めたい若者が多い訳
今春の新入社員と就職後1年を経た社会人2年生の20代男女を対象とした意識調査によれば、新入社員の25.0%は最初に就職する会社で「定年まで働きたい」と回答している一方、入社前から早期退職をイメージしている人も多くいる。
東洋経済オンライン
新たに資金調達した健康保険ナビゲータスタートアップ
テクノロジーを駆使した保険ナビゲーターのFair Square Medicareは、シリーズA資金として1500万ドルを調達したことを発表した。
mobi health news
遠隔医療検査サービスプロバイダと配送アプリ開発企業の連携
ヘルスケアにおけるデジタルディスラプターであるサーティフィックは、オンデマンド配送アプリのZappと提携し、同社の医療診断製品を24時間直接患者に配送できるサービスを開始した。
HEALTH TECH DIGITAL
周りに慕われるリーダーがしている評価の伝え方
メンバーに年次の評価結果を伝えるときは、正確に伝える必要がある。
東洋経済オンライン
グーグル、人工妊娠中絶を行う医療機関を検索結果に表示へ
Googleは、人工妊娠中絶を行う医療施設を検索と地図で明確に表示し、人工妊娠中絶を求めるユーザーの混乱を減らすとしている。
mobi health news
米国AI診断スタートアップがシリーズB資金調達
AI対応診断会社のDigital Diagnosticsは火曜日、KKRが主導するシリーズB資金調達ラウンドで7500万ドルを調達したことを発表した。
mobi health news
ニュージーランドの医療向上に貢献するデジタル人材
ニュージーランドのビジネス・イノベーション・雇用省は、AI企業ソウル・マシンズによる自律的に動く「デジタル人間」の医療成果向上への活用を模索する3つの地元研究プロジェクトを支援する。
mobi health news
COVID-19によるシンガポール建設業界への影響の軽減
シンガポールでは現在、オミクロンの変異型であるBA.5とBA.4によって引き起こされたCOVID-19の新たな感染に直面している。
BioSpectrum
新興ソフトウェア企業が、患者のパーソナライズケア実現を目的とした資金調達を実施
ケアコーディネーション・ソフトウェアのCareHarmonyは、Maverick Venturesが主導し、Nashville Capital Networkが参加するシリーズA資金調達ラウンドで1500万ドルを調達した。
mobi health news
コロナ感染症にも使われる漢方とは
漢方は、慢性疾患にじわじわ効く印象があるが、実は急性疾患にもよく使われており、。新型コロナウイルス感染症も例外でなく、日本東洋医学会は新型コロナの関連症状に対し、2020年3月から学会主導の臨床研究に取り組んでいる。
日経スタイル
アマゾンが「@cosme」と提携 美容を強化
化粧品・美容の総合サイト「@cosme」を運営するアイスタイルは、アメリカのアマゾン・ドット・コムとの業務資本提携を発表した。
FNNプライムオンライン
茨城・つくばみらい市が実証実験 バランスボールで健康、仕事に弾み
茨城県つくばみらい市は、健康用品の「バランスボール」を一部の職場で事務用椅子の代わりに使う実証実験を始めた。
茨城新聞クロスアイ
デジタル化で予防医学に参入する生命保険会社の取り組み
日本生命は、2020年から糖尿病の予防プログラムの提供を始め、さらに今年から、糖尿病の予防プログラムの開発で蓄積したノウハウを応用してメンタルヘルスケアのプログラムの研究開発に乗り出している。
JDIR
台湾で脳外科手術用自律型ナビゲーションロボットが初認可
台湾のスタートアップ企業であるブレインナビの脳神経外科用ナビゲーションロボット「NaoTrac」は、台湾の食品医薬品局(TFDA)の認可を取得し、2022年末までに米国食品医薬品局へ申請して認可される予定である。
BioSpectrum
シンガポール新興企業、アジア太平洋地域の従業員向けメンタルヘルスケアを拡大
シンガポールに本社を置くメンタルヘルスの新興企業であるインテレクトは、タイガー・グローバル主導のシリーズA延長戦で1000万ドルを追加調達し、インテレクトのシリーズA総額は2000万ドル(2780万SGD)に達した。
Bio Spectrum
日清食品が「即席」完全食を発売
日清食品が、インスタント食品に対する罪悪感を解消し、理想的な栄養もとれるインスタントの完全栄養食を発売した。
日経スタイル
アマゾン「がんワクチン開発」に参入
アマゾンが本拠を置く米ワシントン州シアトルの研究機関「フレッド・ハッチンソンがん研究センター」と共同で、がんワクチンの開発に取り組んでいる。
ビジネスインサイダー
ロンドンで熱波40.2度「健康でも命の危険」 英の観測史上最高
英気象庁は19日、首都ロンドンのヒースロー空港で英国の観測史上最高気温となる40・2度(速報値)を記録したと発表した。
毎日新聞
女性の健康問題を解決「フェムテック市場」が急拡大、その背景とは?
女性が抱える健康課題を解決するテクノロジーや商品・サービスである「フェムテック」の市場に大きな成長が見込まれているという。
ダイヤモンドオンライン
Akili Interactive、デジタルヘルス関連の採用を増加
小児ADHD治療用ビデオゲーム型デジタル治療器のメーカーであるアキリ・インタラクティブ社は、同社の株式公開後の取締役候補を発表した。
mobi health news
節電プログラム「参加するつもりない」72% JNN世論調査
物価高などへの対策として政府は、電力会社が提供する節電プログラムに参加した家庭に節電ポイントを与えるとしているが、節電プログラムに「参加するつもりはない」と考えている人が72%もいることが、最新のJNNの世論調査でわかった。
TBSNEWS DIG
iPS細胞培養、両腕ロボットとAIで効率的に
理化学研究所などのチームが、人の両腕のようなアームを持つロボットと人工知能(AI)を組み合わせ、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から効率よく目の網膜細胞を作り出すことに成功した。
読売新聞オンライン
勤務医の6人に1人が「不健康」
日本医師会医師の働き方検討委員会は、日本医師会会員のうち勤務医の就労環境や健康状態、医師の働き方改革に関する第3回調査の結果を公表した。
時事メディカル
閉経前女性における肥満度と乳癌発生率の関連性:日本全国規模のデータベース研究
1.東京大学病院乳腺・内分泌外科の研究者らは、国内の大規模医療データベース用いてBMIと乳がんとの関連を調査した。 2.日本人女性の90%以上は45歳以降に閉経を迎えるとされるが、今回の調査により、東アジアにおいてBMIが閉経前乳がんリスクに及ぼす影響が欧米と同様であることが示された。 3.今回の結果に基づけば、肥満者が少ない日本を含む東アジアでは閉経前の40歳代から乳がんになりやすい一方で、肥満がリスクとなる閉経後乳がんは比較的少ないものと推測できる。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35665439/
若年成人の自殺念慮に対する治療用スマートフォンアプリの効果。オーストラリアで実施された無作為化比較試験の結果
1.オーストラリアの研究者らは、近年注目されているスマホアプリによる自殺念慮への介入効果に着目し、治療用スマホアプリ「LifeBuoy(ライフブイ)」を用いた二重盲検ランダム化比較試験を実施した。 2.結果、自殺念慮評価スコアが有意に改善され、LifeBuoyは若年層における自殺念慮を低減させる可能性が示唆された。 3.デジタル治療は、ターゲットを1つに絞ったデザインにすることでより効果を発揮する可能性があると考察された。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35639672/
バーチャルコミュニケーションは、創造的なアイデア創出を抑制する
1.アメリカの研究により、対面での会議と比べてウェブ会議では出席者から出てくるアイデアの数が少なく、創造的なアイデアが生まれにくいことが分かった。 2.これまでの研究から視覚的注意と認知的注意に関連があることが示されていて、ウェブ上だとアイデアの生成に不可欠な連想処理がされにくくなることが原因だという。 3.しかし、今回の研究では、対面での会議と比べてウェブ会議では創造的なアイデアは生まれにくいが、アイデアを選択する場合にはウェブ会議が劣っていることを示すエビデンスは得られなかった。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35477754/
「仕事のミスを減らす秘訣」を解説、3つの要因と対処法とは
最近の人為的ミスによる事故では、、複数の報道や分析記事を読む限り、連絡ミスやマニュアルの不備・不徹底など、ヒューマンエラーの要素が大きかった可能性もあるようだ。
ダイヤモンド・オンライン
ファイザーがCOVID-19の対応でアジアにおけるリーディングカンパニーに浮上
ファイザーは、APAC地域の患者団体による「製薬会社の企業評判」調査において、COVID-19への対応、患者中心主義、患者の安全性、革新的で高品質な製品の提供において、アジアの製薬会社の中で第1位にランク付けされた。
BioSpectrum