drag_handle
デジタル・メディカル・オープンイノベーション
Digital Medical Open Innovation Tokyo 2022
BrainEnergy produce Digital Medical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
Technology
腸の乱れを改善させる
腸は健康な体にとても大切な役割をもっていて、その腸が良い状態かを知る簡単な方法に、毎日身体から届くお便り(=つまり、便)のチェックがある。
大腸には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が多数存在していて、悪玉菌が多いと便秘や肌荒れ、高血圧といった健康被害があるほか、幸福ホルモンと言われているセロトニンの分泌がされづらく、鬱々としたりネガティブな感情を持ちやすくなる。
腸をスッキリさせるためには、カフェインは控えめにすること、善玉菌の好物を毎日の食事に取り入れること、適度な運動などが効果的である。
朝時間.jp
AI創薬と宇宙実験
インテージホールディングスグループのインテージヘルスケアとSpaceBDは、AI創薬プラットフォーム「Deep Quartet」と、「高品質タンパク質結晶構造解析サービス」を連携させた共同研究を開始すると発表した。
同共同研究は創薬研究における化合物の最適化の技術開発を目的とし、AI創薬の技術によりデザインされた医薬品の新規化合物と、疾患に関連するタンパク質との相互作用を、宇宙実験で明らかにしていく。
同共同研究の成果は、創薬研究における開発コストと期間の効率化に貢献するとしている。
Investing.com

Articles

凸版印刷、イヤホン型脳波デバイスの販売を開始 働き方・学び方領域でのパフォーマンス向上ソリューション開発に活用
凸版印刷は、使用者の心理状態を可視化できる超小型・超軽量のイヤホン型脳波デバイス「b-tone®」の販売を2021年9月8日から開始する。
凸版印刷株式会社
業界初!機能性表示食品のエナジードリンク BMIが高めの方の内臓脂肪を減らす ダイドー×ヘルシア「The BURNING」を新発売
ダイドードリンコ株式会社は、2021年秋冬の新商品として、「The BURNING」(ザ バーニング)を9月20日(月)から発売する。
ダイドードリンコ株式会社
「空間×ヘルスケア」という健康領域の新市場
Woman's LABOは、健康に関する近年の新市場である「空間の整備によるヘルスケア」について紹介している。
Woman's labo
AI解析によりドローン空撮画像から人やモノを検出、被災状況を迅速に把握 ~被災地におけるスムーズな初動対応、復旧活動に貢献~
エア・ウォーターは、同社グループがAI画像解析技術を利用してドローン空撮画像から人やモノを検出できる「被災状況調査分析システム」を開発、ドローン機体の販売と併せて、自治体・消防当局向けに防災訓練や実運用までも包括的に支援する「防災ドローンソリューション」として販売を開始すると発表した。
エア・ウォーター株式会社
「木質内装建材・木の香りが精神・心理療法に与える効果を解明」へ 住友林業、東京慈恵会医科大学、BrainEnergy 3者が「木の心理療法室」で共同研究
住友林業株式会社、東京慈恵会医科大学、BrainEnergy株式会社は、うつ病に対する木の効果解明研究に乗り出す。
住友林業株式会社
腸の乱れを改善させる
腸は健康な体にとても大切な役割をもっていて、その腸が良い状態かを知る簡単な方法に、毎日身体から届くお便り(=つまり、便)のチェックがある。
大腸には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が多数存在していて、悪玉菌が多いと便秘や肌荒れ、高血圧といった健康被害があるほか、幸福ホルモンと言われているセロトニンの分泌がされづらく、鬱々としたりネガティブな感情を持ちやすくなる。
腸をスッキリさせるためには、カフェインは控えめにすること、善玉菌の好物を毎日の食事に取り入れること、適度な運動などが効果的である。
朝時間.jp
AI創薬と宇宙実験
インテージホールディングスグループのインテージヘルスケアとSpaceBDは、AI創薬プラットフォーム「Deep Quartet」と、「高品質タンパク質結晶構造解析サービス」を連携させた共同研究を開始すると発表した。
同共同研究は創薬研究における化合物の最適化の技術開発を目的とし、AI創薬の技術によりデザインされた医薬品の新規化合物と、疾患に関連するタンパク質との相互作用を、宇宙実験で明らかにしていく。
同共同研究の成果は、創薬研究における開発コストと期間の効率化に貢献するとしている。
Investing.com
医療保険に関する意識調査
WDCは、医療保険に加入している20代~40代の女性1,111名を対象に、インターネットでの意識調査を実施した。
医療保険の保険料に月々いくら払っているか尋ねたところ、全体としては「2,001円~3,000円」が最も多く、「死亡保険」、「がん・特定疾病保険」への加入が多かった。
医療保険に加入したきっかけについて聞くと、「社会人になった」が多く、ライフステージの変化に伴い加入をしている人が目立ち、加入の際は、「対面で相談して加入」という回答が多かった。
マイナビニュース
自分に合った補聴器はどのように選べばいいのか
自分に合った補聴器は、どのようば基準で選べばいいのか。
補聴器は、毎日、それも一日中つけるものであうから、自分のライフスタイルや、どの場面でどういう使い方をするかを考えて選ぶということが大切である。
普段仕事で人と接する機会が多い人は、高機能の、ある程度高価格帯の機種をえらんだり、外出頻度が少ない人は低下価格のものにするなど、補聴器をつけてからの自分の生活の変化を想像して検討することが重要である。
日刊ゲンダイヘルスケア
ストレスを抱えているとジャンクフードを食べたくなる
コロナ禍で、オーガニック食品や健康食品の売り上げが急増し、同時にクッキーや塩分の多いスナック菓子の売り上げも急増しているという。
注意力、集中力、判断力などと関係し、感情や欲求を抑制する前頭前皮質の低下がストレスが原因で引き起こされ、ジャンクフードを食べたいという気持ちが強くなるという。
体を休息させて脳をリフレッシュさせたり、睡眠をとるなどして、ジャンクフードを欲しない体を作ることが必要である。
東洋経済オンライン
ジンマー・バイオメットがシンガポールに最先端施設を開設
医療技術のリーダーであるジンマー・バイオメットは、シンガポールの同社アジア太平洋地域本部にZBEdge Customer Experience Centre(CEC)を開設した。
最新テクノロジーであるROSA(R)ロボティクス、mymobility(R)デジタルヘルスプラットフォーム、OrthoIntelインテリジェンスプラットフォーム、OptiVu(TM)Mixed Reality、および同社のレガシー整形外科インプラントを紹介する最先端の施設である。
CECは、医療専門家、学会、関連機関と提携して影響力のある医療ソリューションを開発し、ジンマー・バイオメットのコネクテッドテクノロジーエコシステムを活用する手術・臨床研修を主催する協力的な環境を提供するのを目指す。
PR Wire
1日3秒の筋トレでも効果あり
新潟医療福祉大学の研究者が、筋力トレーニングは1日3秒でも効果があることを証明した。
「疲れる」「時間がない」といった筋トレを継続する上でありがちな“壁”に対し、どれくらい手軽でいいのかを探った研究である。
今回は腕の筋肉で調べた結果だが、他の部分に適用できる可能性もあり、研究者は「新型コロナウイルス流行下の在宅生活や手術後の療養の中でも、体力を向上できる運動法の開発につなげたい」と話した。
47News
東京都が、思春期から更年期世代の心と体の健康を保つ仕組みを開始
東京都は、思春期から更年期にかけて心と体の健康を保ってもらおうと、来年度、令和4年度から医療機関と連携して相談や支援に取り組む方針を固めた。
具体的には、中学生や高校生などが持つ思春期特有の性の悩みや、将来の妊娠を考える男女の健康管理などについて医療機関と連携して相談を受けたり、受診を支援したりすることを想定している。
さらに、都内の自治体が、女性特有の病気や更年期障害などについての相談や教育といった事業を行う場合、費用を全額補助する方針である。
NHK
「健康=病気でない」といいうわけではない
「健康が正常で、病気が異常」と二つに分けることは、正常と異常の境目はあいまいなため、線引きが難しいといわれている。
世界保健機関(WHO)は、健康について「単に病気でないとか、虚弱でないだけでなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態である」と定義していて、これこそが完璧な「健康」だという内容だそうだ。
たとえ病気であろうと、考え方次第で、誰もが自分の意思で幸せになることを選択できるため、毎日「幸せ」を意識しながら生活することが大事だという。
ヨミドクター
AIを活用して“将来の疾病リスク”を算出するアラートモデルを構築
グローバル企業IQVIAは、ヘルスケア領域における世界規模のデータとテクノロジーを融合し、革新的な価値を生み続けている。
同社は、5年間で糖尿病、虚血性心疾患、脳卒中になるリスクが平均より何倍高いか統計的に予測するモデルを構築し、自身に合わせたソリューションを活用することができる。
同社は、健康寿命延伸という社会課題に対し、なくてはならないプラットフォームとして、業界横断でビジネスと人々の健康を支援するとしている。
東洋経済オンライン
新しいオンラインピルサービス
フェムテックカンパニー「eminess」は、生理に悩む女性をサポートするオンラインピル診療サービス「MOON PILLS」を開始した。
本サービスの開始にあたり、低用量ピルに関する調査を実施したところ、ピルの服用率は高い結果となり、服用理由は「生理痛など身体的症状を和らげるため」「生理周期を安定させるため」が半分以上だった。
ピル服用者のうちほとんどの人が病院でピルを購入しており、「オンライン診療」でピルを購入している人は少なかったが、病院に行く時間を削減できるオンラインピル診療サービスに対する関心は高かった。
マイナビウーマン
市販の「貼り薬」の効果やメリット
マイナビニュースは、虫さされ、アレルギーを治すテープ型「貼り薬」を紹介している。
貼るタイプの薬は、持続効果があったり、飲み薬が飲めない子どもや高齢者が使いやすいなどのメリットがあり、仕事が不規則で、定期的に薬を飲むのが難しい人にも効果的だという。
副作用などの心配もないので、生活スタイルを邪魔しない、胃腸に優しい、時間を選ばないといった点から、重宝されている。
マイナビニュース
FiNCがオンライン上における「コミュニティ機能に関する特許」を取得
FiNC Technologiesは、ヘルスケア領域におけるAI関連特許としてオンライン上における「コミュニティ機能に関する特許」を取得した。
これらの特許はパーソナルトレーナーAIを内蔵したヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」においてすでにサービスとして活用されているという。
同社では、ヘルスケア分野におけるAIテクノロジー関連特許など国内外において累計60件の特許権を取得、同社提供のサービスに活用しているほか、技術やライセンスを提供することによってヘルスケア分野に広めていくとしている。
週間アスキー
テレワークで起こるサイレントうつ
テレワーク下で起こる課題とその解決方法に関する解説記事。
サイレントうつとは、周囲に人が少ないテレワークで起こりやすいうつ病のことで、不調を訴える社員をケアできるような環境整備が求められている。
ドクタートラストは、在宅勤務者、休職者向けのメンタルケアサービス「アンリケアサービス」を提供しており、メンタルヘルスに不安な従業員について電話や情報通信機器を用いて継続的なフォローを行っている。
産業保健新聞
デジタルノマドを増やすための労働の規制
ポルトガルでは、デジタルノマド(遊牧民)を増やすための労働法が制定され、上司が勤務時間外に従業員に連絡を取ることが違法になったとのこと。
しかし、時間外に仕事のメールや電話などへの対応を拒否できる「つながらない権利」は、複数のポルトガルの国会議員の反対によって廃案となった。
ポルトガルだけではなく、世界各国で、長期滞在の観光客が地域のインフラに負担をかけたり、頻繁に免税措置を受けているのにも関わらず、バーチャルで働く人を誘致したいと考えている国が多数ある。
BUSINESS INSIDER
歯ごたえと繊維感が特徴の、チキンのような大豆ミート
原田産業株式会社は、大豆ミート「earthmeat LIKE CHICKEN!?」の通販サイトを開設した。
LIKE CHICKEN!?は、これまでにない鶏肉のような弾力のある歯ごたえとさけるような繊維感が特徴で、幅広い料理方法でおいしくアレンジすることができる。
ヴィーガン対応の食材のため、ヴィーガン、ベジタリアンなど多様な食習慣の人々に楽しんでもらえるものになっている。
@Press
呼吸のリズムを可視化して整える装置
株式会社コトは腰に装着し呼吸のリズムを可視化&AIが解析する「ZenTracker」を製品展開している。
無意識に行なっている呼吸の深さ、数、そして無呼吸などの乱れを記録すれば、健康維持に繋がり、活動計を持つスマートウォッチと併用すれば、さらに自分自身を理解できる。
本製品には、ゲームによる腹式呼吸エクササイズ機能もあるため、楽しみながら理想の呼吸法に近付けることができる。
Gizmodo
24時間常に身体情報を取得できるスマートウォッチ
マイナビニュースは、身体の様々な情報を24時間取得し続けられるスマートウォッチ「Amazfit GTR 3」を紹介している。
本体裏面には血中酸素濃度や心拍数を取得するための光学式センサー「6PD BioTracker PPG 3.0」と、充電用の端子が装備されており、一回の充電でほぼ1週間は使えるという。
本製品を着けたまま寝ていると、動きから睡眠の深さなどを計測してくれるほか、ベータ版ではあるが、睡眠中の呼吸停止なども検出してくれる機能が搭載されているそうだ。
マイナビニュース
スクワットで健康維持
特選街webは、「キング・オブ・エクササイズ」と呼ばれるスクワットで鍛えられる筋肉を解説している。
われわれが加齢によって衰えすい筋肉は、「立つ」「歩く」「座る」といった、ふだんの生活での基本的な動きを支えているものであり、スクワットは全身運動であるため、スクワットをお勧めしている。
スクワットは種類が豊富で、運動不足を実感している中高年や、足腰が弱りつつある高齢者が、いざ筋トレを始めようとしたときにも、現在の自分の筋力に合わせたやり方でスタートできることも可能だという。
特選街web
血管の健康を保つためのポイント
日刊ゲンダイヘルスケアは、血管の健康を保つための3つのポイントを紹介している。
最新の医学では「血管こそが健康のカギを握る」という考えが浸透しており、血管を健康に保つためには、人間の血管にある『平滑筋』という筋肉がしなやかに動く柔らかいものである必要がある。
血管が硬くならないために気を付けることは、①『平滑筋』という筋肉こと、②良質のポリフェノールをたっぷり取ること、③コラーゲン(動物性タンパク質)とビタミンCをしっかり取ることである。
日刊ゲンダイヘルスケア
コロナ禍でドラッグの過剰摂取での死亡率が増加
CDC(アメリカ疾病対策センター)の調査により、コロナ禍でドラッグ過剰摂取で死亡した人は10万人で、前年を3割近く上回ったことが明らかになった。
理由としては、依存症の人が自宅隔離で孤立して使用量が増えたり、使用をやめていた人が医療やカウンセリングなどのサポートを受けられなくなって再び依存症になってしまったなどのケースが多いという。
しかし、違法ドラッグが通常の処方鎮痛薬と見まがう姿でネットやソーシャルメディアを通じて売られていることから、知らずに購入し摂取した人が急死するケースが後を絶たないという。
日刊ゲンダイヘルスケア
スイスのトップブランド「JURA」の全自動コーヒーマシン
自宅がカフェになってしまう全自動コーヒーマシン「JURA E8(ユーラ イーエイト)」の紹介記事。
本製品は、業務用レベルの高品質なグラインダーを搭載していて、常に一定の粒度を保つため、味も常に安定しており、静音性も高いという。
また、コーヒー粉にかけるお湯を、圧力一定ではなくパルス状に加えることで抽出時間を最適化しているため、豆の風味を引き出しているのだという。
GIZMODO
三井住友銀行、企業の温室効果ガスの排出量を見える化
時事通信社は、三井住友銀行が、企業の温室効果ガス排出量を把握するためのシステムを開発・販売すると発表したことを報じている。
脱炭素社会の実現に向け、取引先の排出量を「見える化」し、排出削減の取り組みを後押しするという。
2022年度から本格的に販売を始め、当初5年間で1000社以上への導入を目指すとしている。
時事通信
子どもの勉強嫌いは「個人の学力差を無視した全体主義的なカリキュラムの強制」が原因
東洋経済オンラインは、子供が勉強を進んで取り組まない理由について解説している。
この原因は子供にあるのではなく、個人の学力差を無視した全体主義的なカリキュラムの強制であり、解決にはカリキュラムを無学年制にして個別最適化に舵を切ることが必要になるという。
個々の子どもの学力は千差万別であるため、子ども各自の理解度に応じて学習を進めることで自分のペースで少しずつ進めるので、達成感を感じながら楽しく勉強することができるようになるという。
東洋経済オンライン
日本人に合ったワークチェア
Bouncyは、日本企業による、日本人のためのワークチェア「COFO Chair シリーズ」を紹介している。
人間工学に基づいてデザインされた、機能と価格のバランスが良いこだわりのワークチェアである。
開発するFOS株式会社には、20年以上の経験あるエンジニアを筆頭に、長年リラクゼーション製品の企画・販売に注力したメンバーがいるという。
Bouncy
「孤独」をプラスに考える
ダイヤモンド・オンラインは、他者に依存せず、「個」として自立したエピソードを紹介している。
筆者は、孤独はマイナスのものであり、「死」に向かう意味としてとらえいたが、その意味をプラスに転じることができたという。
今の結果は、すべて自分の意思と行動によるものなので、「個」として生きていくことを決心し、思い切って社会に踏み出すことができたそうだ。
ダイヤモンド・オンライン
子どもの個別学習「GIGAスクール構想」
Tokyofm+は、ラジオ内で取り上げられた「子どもの未来を拓く GIGAスクール構想」を紹介している。
「GIGAスクール構想」とは、文科省が推進する新たな学校教育に関する取り組みで、児童・生徒向けの端末を1人につき1台整備し、その活用に不可欠な高速大容量の通信ネットワーク環境を一体的に整備することである。
これまでは、教室の子どもたち全員が、同時に同じ内容を学習するのが一般的だったが、今後は、個人の理解度に応じた個別学習が可能になるとしている。
Tokyofm+
協業ロボットの市場の拡大
オートメーション新聞は、グローバルインフォメーションの調査レポートによると、協働ロボットの世界市場が、今後高い成長率で拡大を続けるという予測を立てている。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響から協働ロボットへの需要が高まっており、あらゆる規模の企業にとっての適応性の高く、メリットが大きいことなどで市場成長を推進している。
急速なデジタル化、発展途上国におけるオートメーション主導の新興産業の利用の増加、高いペイロード容量を備えた協働ロボットへの需要急増などを挙げている。
オートメーション新聞
SaaS市場の今年のトレンドは?
Business Insiderは、10年間で企業向けソフトウェアの世界を一変させたソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)について解説している。
インターネット経由で使えるSaaSの利点は、利用者側にとっては「アクセスの良さ」や「利便性」、「低コスト」であり、ベンダー側にとっては、従来型に比べてより「簡単」に「早く」「少ないコスト」で開発・提供できることだ。
SaaSベンダーがビジネス拡大のために最も力を入れているのが、製品ラインの拡充で、今年のSaaS新規導入で最多と予想されるのは、「金融サービス業界」と「ヘルスケア業界」での「業界特化型SaaS」だという。
Business Insider
認知症と腸内環境の関係
日経ヘルスは、医師らの啓発団体「40代からの認知症リスク低減機構」が開催するセミナーの中の、認知症と腸内細菌の関係について解説している。
食事は腸内環境に影響を与えるため、腸内細菌やその代謝産物から、脳と腸が互いに影響を及ぼし合う関係を調べていけば、食事が認知症に与える影響が明らかになるそうだ。
研究者らが、腸内細菌の代謝産物と認知症の関係を調査したところ、アンモニアが認知症リスクとの関連が高く、乳酸は低いという結果が得られたという。
日経ヘルス
自粛生活による健康への影響を調査
@DIMEは、山田養蜂場が全国の30歳以上男女3,391名を対象に、自粛生活中の健康に関する意識調査を実施した。
結果、将来の健康不安について、自粛生活により運動機能や認知機能の低下に関する悩みを抱えていることが分かった。
また、アフターコロナを見据えた健康対策は「脳」の健康対策が49%で第1位となり、脳の健康管理への関心が高まっていることが推測された。
@DIME
交通騒音と認知症には関連がある
Gigazineは、デンマークの研究チームが行った、交通騒音と認知症のリスクとの関連を明らかにするためのデンマークに住む60歳以上の人々を対象にした全国規模の調査について解説している。
結果、より騒音がひどい場所に住んでいた人ほど、認知症になるリスクが高い傾向が確認され、騒音によるストレスホルモンの放出や睡眠障害などが影響している可能性が示された。
この結果について、研究チームは、「交通騒音に起因する病気のリスクやヘルスケアコストの推定に大きな影響を与える」としている。
Gigazine
認知症は治るものではない
プレジデントオンラインは、高齢者精神科専門医の上田諭氏による、認知症との向き合い方について紹介している。
認知症は高齢者になれば誰でもなりうるものであるが、現段階で具体的な治療法や治療薬などは存在しない。
そのため、上田氏によれば、「認知症の原因は医学的に解明されていないため、認知症を減らすことより受け入れる社会づくりが重要である」という。
プレジデントオンライン
自己肯定感を高めるには?
東洋経済オンラインは、心理カウンセラーの中島輝氏の著書『うまくいっている人がしている 自己肯定感を味方にするレッスン』から、人生をより豊かにするためのメソッドを紹介している。
自己肯定感とは、「私が私であることに満足でき、自分を価値ある存在だと受け入れられること」で、人間は誰でも生まれながらに備わっているものであるという。
自己肯定感を高めるためには、物事の選択肢に柔軟性を持って自分に自信を持ち、「自分に起きることはすべてギフトであり、何があっても受け入れる」という思考を持つことが大切であるという。
東洋経済オンライン
認知症二次予防の拠点である「健脳カフェ」
時事メディカルは、東京都新宿区に誕生した、「認知症発症を遅らせること」を目標とした拠点「健脳カフェ」について紹介している。
カフェを運営するアルツクリニック東京の新井院長は、「一次予防である『発症を防ぐ』ことは難しいが、二次予防である『発症を遅らせる』ことは実現可能である」として、「健脳カフェ」を「先制医療的拠点」と位置付けている。
「健脳カフェ」には上智大学・老年心理学研究室の学生たちが参加し、世代間交流や認知リハビリテーションなどを応用した心理プログラムが実施される。
時事メディカル
「化学物質過敏症」の苦しみ
京都新聞は、香料など微量の化学物質が頭痛や吐き気を引き起こし、合成洗剤でも敏感に感じてしまう「化学物質過敏症」について紹介している。
化学物質過敏症に苦しむ女性は、人工香料を「毒ガスみたい」と訴えるなど私生活に潜む様々な臭いに苦しみ、自分の子どもの友達を家にあげることができないという。
こういった香りに関する症状は世間にあまり浸透しておらず、また、誰しもが発症する恐れがあるもので、「良い香り」の必要性に疑問を感じる声も挙がっている。
京都新聞
順天堂大学、医学とスポーツの融合で社会問題の解決と人々の健康促進に貢献する
ITmediaは、順天堂大学が、スポーツと医学分野の連携を強化し、地域や学内外との横断的プロジェクト推進を支援する組織「スポーツ健康医科学推進機構」を設置したことを報じている。
同機構は、スポーツと医学の連携が必要な社会課題である「健康・スポートロジー」「子どもの体力低下」「競技力向上」「地域・まちづくり」の4つのテーマに取り組みむ。
社会課題の解決を目指すとともに、大学の強みである医学とスポーツの両輪を機能させ、スポーツに親しみ、病気になりにくい身体づくりに貢献していくとしている。
ITmedia
近距離モビリティWHILLの操作時における高齢者の脳の動き
WHILL株式会社は、近距離モビリティ(次世代型電動車椅子)WHILLの操作時と、車の運転時におけるシニアの脳の動きを比較検証する調査に着手した。
同社は、車の運転感覚と似ており、高齢になっても乗り続けることができるWHILLを操作した時にも、同様の動きが見られるのではないかとの仮説を立てた。
今回の研究は、操作時における脳の動きを観察・分析し、人生100年時代を健康に過ごすための今後の調査や取り組みの一助として役立てることを目的としている。
PR TIMES
凸版印刷、イヤホン型脳波デバイスの販売を開始 働き方・学び方領域でのパフォーマンス向上ソリューション開発に活用
凸版印刷は、使用者の心理状態を可視化できる超小型・超軽量のイヤホン型脳波デバイス「b-tone®」の販売を2021年9月8日から開始する。
同製品は、専用アプリを搭載したスマートフォン端末と連携し、いつでもどこでも測定が可能。計測したデータはクラウド管理され、ブラウザベースの管理画面では権限に応じて測定データの閲覧・出力が可能。
同社は「b-tone®」を、既存のパフォーマンス向上ソリューション「YourSpace®」等との連携で最適化サービスを実現すると共に、働き方・学び方領域を中心とした共創パートナーを広く募集し、「b-tone®」で取得したデータを活用するビジネスを推進するとしている。
凸版印刷株式会社
業界初!機能性表示食品のエナジードリンク BMIが高めの方の内臓脂肪を減らす ダイドー×ヘルシア「The BURNING」を新発売
ダイドードリンコ株式会社は、2021年秋冬の新商品として、「The BURNING」(ザ バーニング)を9月20日(月)から発売する。
同社は、同社が実施した調査において健康に留意したエナジードリンクの購入意向が高いことがうかがえたことから、エナジードリンクには「健康志向」と「気分転換」への期待が強まっているのではないかと考えた。
そこで今回、業界初の機能性表示食品のエナジードリンク「The BURNING」を新発売。機能性関与成分は、「ヘルシア」シリーズなどを展開し、豊富な研究データや知見を持つ花王株式会社の素材を活用。緑茶葉に含まれる植物由来のポリフェノールの一種である茶カテキンを配合し、トロピカルフレーバーとカテキンが織りなす同社のこだわった新感覚の味わいで、機能性表示食品であるエナジードリンクとしてさらなる市場の活性化を図っていくとしている。
ダイドードリンコ株式会社
「空間×ヘルスケア」という健康領域の新市場
Woman's LABOは、健康に関する近年の新市場である「空間の整備によるヘルスケア」について紹介している。
「空間ヘルスケア」は日経BP総研が提唱する概念で、「健康で幸福な人生100年時代を可能にする社会を目指し、人々が生活を営むあらゆる空間を、予防や健康増進につなげよう」という構想である。
「空間デジタル・ヘルスケア」は野村総研が提唱する概念で、「ウイルスが広がりにくい安全な空間を、テクノロジー(デジタル)を使って効率よく整え、空間の状況を利用者にわかりやすく伝えている状態の実現」という構想である。
Woman's labo
AI解析によりドローン空撮画像から人やモノを検出、被災状況を迅速に把握 ~被災地におけるスムーズな初動対応、復旧活動に貢献~
エア・ウォーターは、同社グループがAI画像解析技術を利用してドローン空撮画像から人やモノを検出できる「被災状況調査分析システム」を開発、ドローン機体の販売と併せて、自治体・消防当局向けに防災訓練や実運用までも包括的に支援する「防災ドローンソリューション」として販売を開始すると発表した。
同社は、「防災ドローンソリューション」の提供を通じて、被災地における人命救助、行方不明者捜索、被災者支援にかかる自治体・消防当局の迅速な初動対応や、復旧活動に貢献していくとしている。
同ソリューションには、「被災状況調査分析システム」に加え、「災害対策用ドローン」「防災訓練の実施サポート」「実運用に向けたコンサルティング」が含まれる。
エア・ウォーター株式会社
「木質内装建材・木の香りが精神・心理療法に与える効果を解明」へ 住友林業、東京慈恵会医科大学、BrainEnergy 3者が「木の心理療法室」で共同研究
住友林業株式会社、東京慈恵会医科大学、BrainEnergy株式会社は、うつ病に対する木の効果解明研究に乗り出す。
3者は、昨年11月「木質内装建材や木の香りにより構築された治療環境が精神・心理療法の効果に与える影響」に関する共同研究で合意。研究方法や治療環境仕様の検討を進め、東京慈恵会医科大学附属病院の精神神経科外来・心理療法室を内装木質化した。今後、臨床試験を進め、治療環境効果を明らかにすることを目標とする。
近年、精神疾患は世界的に増加傾向で、中でも「うつ病」は大きな社会問題の一つとなっている。抗うつ薬などの薬物療法は適切に使用することで大きな効果が得られるが、いわゆる「軽症うつ病」では必ずしも薬物療法の実証度は高くない。植物や木材と言った自然の要素には、抗うつ・抗不安効果が期待されており、「バイオフィリックデザイン」はうつ病や不安症の代替療法として注目されている。
住友林業株式会社