drag_handle
低ストレス空間の構築
Construction of low-stress rooms
BrainEnergyは未来に向けて地球に優しく快適な室内空間を構築しています。 BrainEnergy is constructing an earth-friendly and comfortable interior space for the future.
→ Learn more
自然環境と人間への観察と研究を経て、私たちが開発したデジタル医療技術はストレスをリリースできる空間を構築しています。 Through observation and research on the natural environment and humans, the digital medical technology we have developed creates a space where stress can be released.
IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)によれば産業革命前と比べた世界の平均気温上昇が2021年〜2040年までに1.5℃に達するとされています。これによって産業革命前は半世紀に1回だった極端な猛暑は1.5℃の気温上昇で9倍以上の頻度で起こり得ます。そこで各国は2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目標としています。未来に向けてBrainEnergyではデジタル技術を活用して地球に優しく快適な室内空間の構築を推進しています。 According to the IPCC (United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change), the global average temperature rise compared to before the Industrial Revolution will reach 1.5℃ between 2021 and 2040. As a result, the extreme heat, which was once every half a century before the Industrial Revolution, can occur more than nine times more frequently with a temperature rise of 1.5℃. Therefore, each country is aiming for zero greenhouse gas emissions by 2050. For the future, BrainEnergy is promoting the construction of earth-friendly and comfortable interior spaces by utilizing digital technology.
→ Learn more
脳活動と身体の働きをサポートする技術開発
Development of technology to support brain activity and body function
私たちの行動を支えるこころの働きを認知機能と呼びますが、認知機能の多くは20歳から30歳ごろがピークであり加齢とともに低下していきます。特に最近では、認知機能の解析に対して専門家からも多くの関心が寄せられています。脳活動データを大規模に解析することで、こころと身体の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The mental function that supports our behavior is called cognitive function, and most cognitive functions peak around the age of 20 to 30 and decline with aging. Especially recently, there has been a lot of interest from experts in the analysis of cognitive function. BrainEnergy is developing technology to understand the functions of the mind and body in more detail by analyzing brain activity data on a large scale.
認知機能に関するバイオマーカー開発
Development of biomarkers for cognitive function
高齢化が加速する日本および諸外国では、認知症は大きな課題となっています。多くの人がより健康な生活を長く送ることができればそれだけ医療費負担も軽減され介護などで必要な人手もより少なくてすみます。中枢神経領域の研究開発に長い間先進的な取り組みを進めるメーカーとともにBrainEnergyはバイオマーカー開発に取り組んでいます。 Dementia has become a major issue in Japan and other countries, where the aging of the population is accelerating. If many people can lead a healthier life for a long time, the burden of medical expenses will be reduced and less labor will be required for long-term care. BrainEnergy is working on biomarker development with manufacturers that have long been leading the way in research and development in the central nervous system.
中枢神経データベース・システム
Central Nervous System Database
BrainEnergy System™は医師が中心となって研究開発されこれまで国内・海外の医療機関や研究施設と膨大な中枢神経データを解析してきた実績があります。中枢神経データを大規模解析することで、脳の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The BrainEnergy System™ has been researched and developed mainly by doctors, and has a track record of analyzing vast amounts of central nervous system data with medical institutions and research facilities in Japan and overseas. BrainEnergy is developing technology to understand the function of the brain in more detail by analyzing central nervous system data on a large scale.
→ Learn more
デジタル・メディカル・オープンイノベーション
DigitalMedical Open Innovation Tokyo 2022
BrainEnergy produce DigitalMedical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
Technology
職業ストレスを低くするためには?
就業している仕事と病気には何か関連性があるのだろうか。職場と病気に関連性についてはこれまで様々な調査が行われてきた。
スウェーデンの研究者が提唱したストレスモデルに沿って職業ストレスを分析すると、職業ストレスを改善するためには仕事の要求度を下げ、コントロール度を上げるなどといった調整が必要であることが明らかになった。
上司が原因でストレスを抱えることで心臓病になるリスクが高まるという研究結果もあることから、職業ストレスを重く抱えている人は、軽減できるような環境を整えることが重要である。
東洋経済オンライン
ヘルスケア市場の変革により、デジタルヘルスによる「個別化」が進展
超高齢化社会の現代において「1日でも長い自分らしい生活」は社会全体の理想となっている。
より一人ひとりに「個別化」されたヘルスケアサービスの提供が日々求められるようになり、医療現場でも画像診断にAIが活用されるなど、最先端の技術がヘルスケア・バリューチェーンに変革をもたらしつつある。
広範囲で巨大なマーケットとなる未来のヘルスケア市場では、「データ+プラットフォーム関連」、「幸福(well-being)+ケア提供関連」、「ケア支援関連」の3つのアーキタイプが生まれると予想される。
Forbes Japan

Articles

「悪い習慣」を捨てて人生を豊かに過ごす
心理カウンセラーが、思考の「悪習慣」を断ち切り、いい習慣を身に着けるためのルールについて解説している。
東洋経済オンライン
健康食品を購入しているシニアは、「健康維持」を目的としている
50歳以上限定のシニアSNSアプリ「おしるこ」を運営するカイト株式会社が、アプリユーザーを対象にシニアの独自調査を実施した。
valuepress
日本の健康寿命は延びている
厚生労働省は20日、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2019年は男性72.68歳、女性75.38歳だったと公表した。
東洋経済オンライン
「肺年齢」を若々しく保つための「肺トレ」
肺の健康状態や老化度を示す「肺年齢」を若々しく保つ方法を、呼吸器専門医が紹介している。
日刊ゲンダイヘルスケア
日本人女性の多くは「隠れ我慢」をしている
多くの女性が「隠れ我慢」を抱えているといわれており、ツムラが実施した調査では、全国20~50代女性の約8割が「隠れ我慢」を抱えながら日々過ごしていることが分かった。
HUFFPOST
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
A Dynamic Neuroworld
CLEAN INTERFACE
Adapt and align with changing research demands while driving research project forward.

Eat Well, Live well, And be Happy

Supported by BrainEnergy Inc.

We eat every day. We drink every morning.
If what you eat is healthy, your days will be full of happiness.
We are here to help you live a healthy life.

The story behind BrainEnergy

Medical Data Analysis

We have been developing various medical data analysis technology with university hospitals. BrainEnergy's medical big data operating system is developed with the participation of experts from medical institutions all over the world, and many major companies including pharmaceutical companies have introduced the technology.

Neuro-Hardware Technology

Ultra-compact device that measures and analyzes brain function with high accuracy.

Powerful Performance

BrainEnergy includes tons of optimized applications that are completely functionable and deliver unmatched fast performance.

Premium Workspace

BrainEnergy included 6+ custom designed software for various calculation and analysis usage like Statical Analysis, real-time recorder, custom graph & others.

Unlimited Visual Options

Change the format of the graph in a flash just by drag and drop in our unique library. They will blend in perfectly.

Socially Strong

Get ready to make your presence felt socially with some awesome included social features with Brainenergy.

We believe in Innovative , Flexible Data Analysis System.

Our delivery of user-friendly interface stands for beyond data-analyse solutions.

Today’s world runs on user experience, and we work tirelessly to ensure data analysis applications are reliable and handy to use.

Science Director: Mitsuhiro Kita

Senior Science Advisor: Seiji Nishino

Professor and director of Stanford University Center for Sleep Sciences and Medicine.

Shibuya Tokyo, Japan

Join us career01@brainenergy.jp

drag_handle
BrainEnergy SystemTM
The Dawn of the Sustainable Healthcare Era
→ Learn more
低ストレス空間の構築
Construction of low-stress rooms
BrainEnergyは未来に向けて地球に優しく快適な室内空間を構築しています。 BrainEnergy is constructing an earth-friendly and comfortable interior space for the future.
→ Learn more
自然環境と人間への観察と研究を経て、私たちが開発したデジタル医療技術はストレスをリリースできる空間を構築しています。 Through observation and research on the natural environment and humans, the digital medical technology we have developed creates a space where stress can be released.
IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)によれば産業革命前と比べた世界の平均気温上昇が2021年〜2040年までに1.5℃に達するとされています。これによって産業革命前は半世紀に1回だった極端な猛暑は1.5℃の気温上昇で9倍以上の頻度で起こり得ます。そこで各国は2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目標としています。未来に向けてBrainEnergyではデジタル技術を活用して地球に優しく快適な室内空間の構築を推進しています。 According to the IPCC (United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change), the global average temperature rise compared to before the Industrial Revolution will reach 1.5℃ between 2021 and 2040. As a result, the extreme heat, which was once every half a century before the Industrial Revolution, can occur more than nine times more frequently with a temperature rise of 1.5℃. Therefore, each country is aiming for zero greenhouse gas emissions by 2050. For the future, BrainEnergy is promoting the construction of earth-friendly and comfortable interior spaces by utilizing digital technology.
→ Learn more
脳活動と身体の働きをサポートする技術開発
Development of technology to support brain activity and body function
私たちの行動を支えるこころの働きを認知機能と呼びますが、認知機能の多くは20歳から30歳ごろがピークであり加齢とともに低下していきます。特に最近では、認知機能の解析に対して専門家からも多くの関心が寄せられています。脳活動データを大規模に解析することで、こころと身体の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The mental function that supports our behavior is called cognitive function, and most cognitive functions peak around the age of 20 to 30 and decline with aging. Especially recently, there has been a lot of interest from experts in the analysis of cognitive function. BrainEnergy is developing technology to understand the functions of the mind and body in more detail by analyzing brain activity data on a large scale.
認知機能に関するバイオマーカー開発
Development of biomarkers for cognitive function
高齢化が加速する日本および諸外国では、認知症は大きな課題となっています。多くの人がより健康な生活を長く送ることができればそれだけ医療費負担も軽減され介護などで必要な人手もより少なくてすみます。中枢神経領域の研究開発に長い間先進的な取り組みを進めるメーカーとともにBrainEnergyはバイオマーカー開発に取り組んでいます。 Dementia has become a major issue in Japan and other countries, where the aging of the population is accelerating. If many people can lead a healthier life for a long time, the burden of medical expenses will be reduced and less labor will be required for long-term care. BrainEnergy is working on biomarker development with manufacturers that have long been leading the way in research and development in the central nervous system.
中枢神経データベース・システム
Central Nervous System Database
BrainEnergy System™は医師が中心となって研究開発されこれまで国内・海外の医療機関や研究施設と膨大な中枢神経データを解析してきた実績があります。中枢神経データを大規模解析することで、脳の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The BrainEnergy System™ has been researched and developed mainly by doctors, and has a track record of analyzing vast amounts of central nervous system data with medical institutions and research facilities in Japan and overseas. BrainEnergy is developing technology to understand the function of the brain in more detail by analyzing central nervous system data on a large scale.
→ Learn more
DigitalMedical
Open Innovation Tokyo 2022
BrainEnergy produce DigitalMedical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
Technology

Articles

ニューノーマル時代のスタンダードフローリング 「抗菌・抗ウイルス加工のフローリング」を新発売
ウッドワンは、従来の抗菌機能に抗ウイルス性を付与したフローリング2種類を新たに発売する。
株式会社ウッドワン
医用画像表示用ディスプレイ「Nio Fusion 12MP」の日本国内販売
バルコは、2021年1月から医用画像表示用ディスプレイ「Nio Fusion 12MP」の日本国内販売を開始する。
バルコ株式会社
省スペースのシーリングサプライユニット「Maquet Moduevo Bridge」を販売開始
グローバルヘルスケアカンパニーであるゲティンゲ(スウエーデン)の日本法人 ゲティンゲグループ・ジャパンは、集中治療室や重症ケアユニット等における建築上の制約に対応するための水平方向ソリューション「Maquet Moduevo Bridge」の販売を開始した。
ゲティンゲグループ・ジャパン株式会社
日本板硝子、抗ウイルスガラスの販売を開始
日本板硝子は、抗ウイルスガラス「サニタイズ(英語製品名:Pilkington SaniTise)」を北米、南米、欧州で販売開始したと発表した。
日本板硝子株式会社
機能性表示食品がアンチ・ドーピング認証「インフォームドチョイス」を取得
ハウスウェルネスフーズの機能性表示食品「ネルノダ」が、睡眠サポートカテゴリーの製品として国内で初めて、国際的なアンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」を取得した。
ハウスウェルネスフーズ株式会社
優れた洗濯耐久性と着用快適性が特長の抗ウイルステキスタイルを開発
東レは優れた洗濯耐久性と着用快適性を有する抗ウイルステキスタイルを開発した。
東レ株式会社
ウシオ電機、有人環境下で使用できるウイルス不活性化・殺菌技術を搭載した新製品を販売開始
ウシオ電機株式会社と東芝ライテック株式会社は、従来の紫外線殺菌装置とは異なり、有人環境下で使用できるウイルス不活化・殺菌技術「Care222®」を搭載した新製品を、2021年1月から販売開始する。
ウシオ電機株式会社
高齢ドライバーの運転行動や認知機能の関係性に関する実証事業
CarWatchは、スズキと浜松医科大学が発表した実証事業「高齢ドライバーにおける日常の運転行動特性と認知機能の関係性:前向きコホート研究」について紹介している。
CarWatch
医療機関に求めるサービスの質の変化
Forbes Japanは、質の高いサービスを提供する必要が増えてきたヘルスケア業界について、どのようなことが求められているのかを調査し結果を報告している。
Forbes Japan
加齢により、男性は女性に比べて筋肉量が著しく低下する
Qlifeは、名古屋大学がサルコペニアのより的確な診断方法を検討するため、大腿中央部を撮影したCT画像より計測される大腿四頭筋の筋肉の量と質に注目し、性別・年代別での違いや膝伸展筋力との関係性について明らかにしたことを報じている。
QLife Pro
三叉神経に刺激を送って臭いを知覚させるウェアラブルデバイス
ITmediaは、米シカゴ大学の研究チームが開発した鼻に装着するウェアラブルデバイス「Stereo-Smell via Electrical Trigeminal Stimulation」を紹介している。
・ITMedia
若いうちからFIREを目指す人が知っておきたいこと
マイナビニュースは、FIREに興味を持つ人が、「賢くFIREするために知っておくべきこと」について紹介している。
マイナビニュース
定年後の高齢者の働き方や働く場とは?
ITmediaビジネスは、高年齢者雇用安定法の改正により企業に負担やリスクがかかることを懸念して、「70歳の働く場」について紹介している。
ITmedia ビジネスオンライン
AIや5Gによって我々は職を失ってしまうのか
GIZMODOは、5Gによって消える仕事があるのかどうかを取材した。
GIZMODO
肥満に対する不安があるにも関わらず再検査に行かない
株式会社ニューアート・ヘルス&ビューティーは、全国の30代~50代の男性の肥満の方かつ肥満による肥満リスクを心配している人を対象に、「肥満に対する意識」に関する調査を実施した。
PR TIMES
AIも心を病むときがある
中国科学院の研究グループが、AIチャットボットに、人間と同様のメンタルヘルスを診断テストを行ったところ、AIに「うつ病」や「アルコール依存症」らしき兆候があったという。
exciteニュース
多くの企業が健康データを活用できていない
健康管理システムCarelyを開発・運営する株式会社iCAREは、企業の健康管理の担当者192名に「健康データに関する活用の実態調査」を実施した。
PR TIMES
バイアグラの多彩な健康効果
陰茎の血流を増加させることで勃起障害(ED)の治療に使用されるバイアグラについて、糖尿病の発症を予防する可能性があるということが発見された。
日刊ゲンダイヘルスケア
調布市、電通大、アフラックが共同で高齢者の健康推進事業を開始
調布市、国立大学法人電気通信大学、アフラック生命保険株式会社は、「つながり創出による高齢者の健康増進事業~CDC(調布・デジタル・長寿)運動 」(以下、「CDC運動」)に関する取組を開始する。
産経新聞
米ケンタッキーフライドチキン、代替肉のフライドチキンを発売
米ケンタッキーフライドチキンは、植物由来の原料を使った「代替肉」のフライドチキンを期間限定で発売開始した。
産経新聞
マリモに年輪のような模様があることを発見
神戸大などの研究チームが、阿寒湖に生息するマリモに、樹木の断面に見られる「年輪」のような模様が形成されていることを発見した。
JIJI.COM
膝OAへの間接内ステロイド注射は、適切に行えば安全上の問題はない
米ボストン大学の研究で、変形性膝関節症(膝OA)の治療のためのステロイドの関節内注射は、適切に使用する限り安全上の懸念はないことが示された。
HealthDay
デジタルの世界の中でも大切にしたい「手書き」の習慣
近年、ビジネスパーソンは創造性や直感力を求められている中で、改めて見直したいのが「手書き」の効果であるという。
ダイヤモンド・オンライン
保険会社とヘルスケア会社のコレボレーション
朝日生命保険はDeSCヘルスケアと提携し、全ての顧客向けに歩数や体重の記録等ができる健康増進アプリを無料で提供している。
日本経済新聞
「悪い習慣」を捨てて人生を豊かに過ごす
心理カウンセラーが、思考の「悪習慣」を断ち切り、いい習慣を身に着けるためのルールについて解説している。
東洋経済オンライン
健康食品を購入しているシニアは、「健康維持」を目的としている
50歳以上限定のシニアSNSアプリ「おしるこ」を運営するカイト株式会社が、アプリユーザーを対象にシニアの独自調査を実施した。
valuepress
日本の健康寿命は延びている
厚生労働省は20日、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2019年は男性72.68歳、女性75.38歳だったと公表した。
東洋経済オンライン
「肺年齢」を若々しく保つための「肺トレ」
肺の健康状態や老化度を示す「肺年齢」を若々しく保つ方法を、呼吸器専門医が紹介している。
日刊ゲンダイヘルスケア
日本人女性の多くは「隠れ我慢」をしている
多くの女性が「隠れ我慢」を抱えているといわれており、ツムラが実施した調査では、全国20~50代女性の約8割が「隠れ我慢」を抱えながら日々過ごしていることが分かった。
HUFFPOST
職業ストレスを低くするためには?
就業している仕事と病気には何か関連性があるのだろうか。職場と病気に関連性についてはこれまで様々な調査が行われてきた。
東洋経済オンライン
ヘルスケア市場の変革により、デジタルヘルスによる「個別化」が進展
超高齢化社会の現代において「1日でも長い自分らしい生活」は社会全体の理想となっている。
Forbes Japan
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
A Dynamic Neuroworld
CLEAN INTERFACE
Adapt and align with changing research demands while driving research project forward.

Eat Well, Live well

And be Happy

Supported by BrainEnergy Inc.

We eat every day. We drink every morning.
If what you eat is healthy, your days will be full of happiness.
We are here to help you live a healthy life.

The story behind

BrainEnergy

ABOUT US

We believe in Innovative , Flexible Data Analysis System.

Our delivery of user-friendly interface stands for beyond data-analyse solutions.

Today’s world runs on user experience, and we work tirelessly to ensure data analysis applications are reliable and handy to use.

Science Director: Mitsuhiro Kita

Senior Science Advisor: Seiji Nishino

Professor and director of Stanford University Center for Sleep Sciences and Medicine.

Shibuya Tokyo, Japan

Join us career01@brainenergy.jp