drag_handle
低ストレス空間の構築
Construction of low-stress rooms
BrainEnergyは未来に向けて地球に優しく快適な室内空間を構築しています。 BrainEnergy is constructing an earth-friendly and comfortable interior space for the future.
→ Learn more
自然環境と人間への観察と研究を経て、私たちが開発するデジタル医療技術はストレスをリリースできる空間を構築しています。 Through observation and research on the natural environment and humans, the digital medical technology we have developed creates a space where stress can be released.
IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)によれば産業革命前と比べた世界の平均気温上昇が2021年〜2040年までに1.5℃に達するとされています。これによって産業革命前は半世紀に1回だった極端な猛暑は1.5℃の気温上昇で9倍以上の頻度で起こり得ます。そこで各国は2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目標としています。未来に向けてBrainEnergyではデジタル技術を活用して地球に優しく快適な室内空間の構築を推進しています。 According to the IPCC (United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change), the global average temperature rise compared to before the Industrial Revolution will reach 1.5℃ between 2021 and 2040. As a result, the extreme heat, which was once every half a century before the Industrial Revolution, can occur more than nine times more frequently with a temperature rise of 1.5℃. Therefore, each country is aiming for zero greenhouse gas emissions by 2050. For the future, BrainEnergy is promoting the construction of earth-friendly and comfortable interior spaces by utilizing digital technology.
→ Learn more
脳活動と身体の働きをサポートする技術開発
Development of technology to support brain activity and body function
私たちの行動を支えるこころの働きを認知機能と呼びますが、認知機能の多くは20歳から30歳ごろがピークであり加齢とともに低下していきます。特に最近では、認知機能の解析に対して専門家からも多くの関心が寄せられています。脳活動データを大規模に解析することで、こころと身体の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The mental function that supports our behavior is called cognitive function, and most cognitive functions peak around the age of 20 to 30 and decline with aging. Especially recently, there has been a lot of interest from experts in the analysis of cognitive function. BrainEnergy is developing technology to understand the functions of the mind and body in more detail by analyzing brain activity data on a large scale.
認知機能に関するバイオマーカー開発
Development of biomarkers for cognitive function
高齢化が加速する日本および諸外国では、認知症は大きな課題となっています。多くの人がより健康な生活を長く送ることができればそれだけ医療費負担も軽減され介護などで必要な人手もより少なくてすみます。中枢神経領域の研究開発に長い間先進的な取り組みを進めるメーカーとともにBrainEnergyはバイオマーカー開発に取り組んでいます。 Dementia has become a major issue in Japan and other countries, where the aging of the population is accelerating. If many people can lead a healthier life for a long time, the burden of medical expenses will be reduced and less labor will be required for long-term care. BrainEnergy is working on biomarker development with manufacturers that have long been leading the way in research and development in the central nervous system.
中枢神経データベース・システム
Central Nervous System Database
BrainEnergy System™は医師が中心となって研究開発されこれまで国内・海外の医療機関や研究施設と膨大な中枢神経データを解析してきた実績があります。中枢神経データを大規模解析することで、脳の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The BrainEnergy System™ has been researched and developed mainly by doctors, and has a track record of analyzing vast amounts of central nervous system data with medical institutions and research facilities in Japan and overseas. BrainEnergy is developing technology to understand the function of the brain in more detail by analyzing central nervous system data on a large scale.
→ Learn more
デジタル・メディカル・オープンイノベーション
DigitalMedical Open Innovation Tokyo 2022
BrainEnergy produce DigitalMedical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
→ Learn more
Technology
腸の乱れを改善させる
腸は健康な体にとても大切な役割をもっていて、その腸が良い状態かを知る簡単な方法に、毎日身体から届くお便り(=つまり、便)のチェックがある。
大腸には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が多数存在していて、悪玉菌が多いと便秘や肌荒れ、高血圧といった健康被害があるほか、幸福ホルモンと言われているセロトニンの分泌がされづらく、鬱々としたりネガティブな感情を持ちやすくなる。
腸をスッキリさせるためには、カフェインは控えめにすること、善玉菌の好物を毎日の食事に取り入れること、適度な運動などが効果的である。
朝時間.jp
AI創薬と宇宙実験
インテージホールディングスグループのインテージヘルスケアとSpaceBDは、AI創薬プラットフォーム「Deep Quartet」と、「高品質タンパク質結晶構造解析サービス」を連携させた共同研究を開始すると発表した。
同共同研究は創薬研究における化合物の最適化の技術開発を目的とし、AI創薬の技術によりデザインされた医薬品の新規化合物と、疾患に関連するタンパク質との相互作用を、宇宙実験で明らかにしていく。
同共同研究の成果は、創薬研究における開発コストと期間の効率化に貢献するとしている。
Investing.com

Articles

凸版印刷、イヤホン型脳波デバイスの販売を開始 働き方・学び方領域でのパフォーマンス向上ソリューション開発に活用
凸版印刷は、使用者の心理状態を可視化できる超小型・超軽量のイヤホン型脳波デバイス「b-tone®」の販売を2021年9月8日から開始する。
凸版印刷株式会社
業界初!機能性表示食品のエナジードリンク BMIが高めの方の内臓脂肪を減らす ダイドー×ヘルシア「The BURNING」を新発売
ダイドードリンコ株式会社は、2021年秋冬の新商品として、「The BURNING」(ザ バーニング)を9月20日(月)から発売する。
ダイドードリンコ株式会社
「空間×ヘルスケア」という健康領域の新市場
Woman's LABOは、健康に関する近年の新市場である「空間の整備によるヘルスケア」について紹介している。
Woman's labo
AI解析によりドローン空撮画像から人やモノを検出、被災状況を迅速に把握 ~被災地におけるスムーズな初動対応、復旧活動に貢献~
エア・ウォーターは、同社グループがAI画像解析技術を利用してドローン空撮画像から人やモノを検出できる「被災状況調査分析システム」を開発、ドローン機体の販売と併せて、自治体・消防当局向けに防災訓練や実運用までも包括的に支援する「防災ドローンソリューション」として販売を開始すると発表した。
エア・ウォーター株式会社
「木質内装建材・木の香りが精神・心理療法に与える効果を解明」へ 住友林業、東京慈恵会医科大学、BrainEnergy 3者が「木の心理療法室」で共同研究
住友林業株式会社、東京慈恵会医科大学、BrainEnergy株式会社は、うつ病に対する木の効果解明研究に乗り出す。
住友林業株式会社
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
A Dynamic Neuroworld
CLEAN INTERFACE
Adapt and align with changing research demands while driving research project forward.

Eat Well, Live well, And be Happy

Supported by BrainEnergy Inc.

We eat every day. We drink every morning.
If what you eat is healthy, your days will be full of happiness.
We are here to help you live a healthy life.

The story behind BrainEnergy

Medical Data Analysis

We have been developing various medical data analysis technology with university hospitals. BrainEnergy's medical big data operating system is developed with the participation of experts from medical institutions all over the world, and nowadays many companies including pharmaceutical companies are implementing our technology.

Neuro-Hardware Technology

Ultra-compact device that measures and analyzes brain function with high accuracy.

Powerful Performance

BrainEnergy includes tons of optimized applications that are completely functionable and deliver unmatched fast performance.

Premium Workspace

BrainEnergy included 6+ custom designed software for various calculation and analysis usage like Statical Analysis, real-time recorder, custom graph & others.

Unlimited Visual Options

Change the format of the graph in a flash just by drag and drop in our unique library. They will blend in perfectly.

Socially Strong

Get ready to make your presence felt socially with some awesome included social features with Brainenergy.

We believe in Innovative , Flexible Data Analysis System.

Our delivery of user-friendly interface stands for beyond data-analyse solutions.

Today’s world runs on user experience, and we work tirelessly to ensure data analysis applications are reliable and handy to use.

Chief Medical Officer (CMO) : Mitsuhiro Kita

Senior Medical Advisor : Masaru Mimura

Professor at Keio University School of Medicine Department of Neuropsychiatry, Japan.

Advisory Committee : Seiji Nishino

Professor and director at Stanford University Center for Sleep Sciences and Medicine, USA.

Shibuya Tokyo, Japan

Join us career01@brainenergy.jp

drag_handle
BrainEnergy SystemTM
The Dawn of the Sustainable Healthcare Era
→ Learn more
低ストレス空間の構築
Construction of low-stress rooms
BrainEnergyは未来に向けて地球に優しく快適な室内空間を構築しています。 BrainEnergy is constructing an earth-friendly and comfortable interior space for the future.
→ Learn more
自然環境と人間への観察と研究を経て、私たちが開発するデジタル医療技術はストレスをリリースできる空間を構築しています。 Through observation and research on the natural environment and humans, the digital medical technology we have developed creates a space where stress can be released.
IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)によれば産業革命前と比べた世界の平均気温上昇が2021年〜2040年までに1.5℃に達するとされています。これによって産業革命前は半世紀に1回だった極端な猛暑は1.5℃の気温上昇で9倍以上の頻度で起こり得ます。そこで各国は2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目標としています。未来に向けてBrainEnergyではデジタル技術を活用して地球に優しく快適な室内空間の構築を推進しています。 According to the IPCC (United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change), the global average temperature rise compared to before the Industrial Revolution will reach 1.5℃ between 2021 and 2040. As a result, the extreme heat, which was once every half a century before the Industrial Revolution, can occur more than nine times more frequently with a temperature rise of 1.5℃. Therefore, each country is aiming for zero greenhouse gas emissions by 2050. For the future, BrainEnergy is promoting the construction of earth-friendly and comfortable interior spaces by utilizing digital technology.
→ Learn more
脳活動と身体の働きをサポートする技術開発
Development of technology to support brain activity and body function
私たちの行動を支えるこころの働きを認知機能と呼びますが、認知機能の多くは20歳から30歳ごろがピークであり加齢とともに低下していきます。特に最近では、認知機能の解析に対して専門家からも多くの関心が寄せられています。脳活動データを大規模に解析することで、こころと身体の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The mental function that supports our behavior is called cognitive function, and most cognitive functions peak around the age of 20 to 30 and decline with aging. Especially recently, there has been a lot of interest from experts in the analysis of cognitive function. BrainEnergy is developing technology to understand the functions of the mind and body in more detail by analyzing brain activity data on a large scale.
認知機能に関するバイオマーカー開発
Development of biomarkers for cognitive function
高齢化が加速する日本および諸外国では、認知症は大きな課題となっています。多くの人がより健康な生活を長く送ることができればそれだけ医療費負担も軽減され介護などで必要な人手もより少なくてすみます。中枢神経領域の研究開発に長い間先進的な取り組みを進めるメーカーとともにBrainEnergyはバイオマーカー開発に取り組んでいます。 Dementia has become a major issue in Japan and other countries, where the aging of the population is accelerating. If many people can lead a healthier life for a long time, the burden of medical expenses will be reduced and less labor will be required for long-term care. BrainEnergy is working on biomarker development with manufacturers that have long been leading the way in research and development in the central nervous system.
中枢神経データベース・システム
Central Nervous System Database
BrainEnergy System™は医師が中心となって研究開発されこれまで国内・海外の医療機関や研究施設と膨大な中枢神経データを解析してきた実績があります。中枢神経データを大規模解析することで、脳の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The BrainEnergy System™ has been researched and developed mainly by doctors, and has a track record of analyzing vast amounts of central nervous system data with medical institutions and research facilities in Japan and overseas. BrainEnergy is developing technology to understand the function of the brain in more detail by analyzing central nervous system data on a large scale.
→ Learn more
DigitalMedical
Open Innovation Tokyo 2022
BrainEnergy produce DigitalMedical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
Technology

Articles

デジタルノマドを増やすための労働の規制
ポルトガルでは、デジタルノマド(遊牧民)を増やすための労働法が制定され、上司が勤務時間外に従業員に連絡を取ることが違法になったとのこと。
BUSINESS INSIDER
歯ごたえと繊維感が特徴の、チキンのような大豆ミート
原田産業株式会社は、大豆ミート「earthmeat LIKE CHICKEN!?」の通販サイトを開設した。
@Press
呼吸のリズムを可視化して整える装置
株式会社コトは腰に装着し呼吸のリズムを可視化&AIが解析する「ZenTracker」を製品展開している。
Gizmodo
24時間常に身体情報を取得できるスマートウォッチ
マイナビニュースは、身体の様々な情報を24時間取得し続けられるスマートウォッチ「Amazfit GTR 3」を紹介している。
マイナビニュース
スクワットで健康維持
特選街webは、「キング・オブ・エクササイズ」と呼ばれるスクワットで鍛えられる筋肉を解説している。
特選街web
血管の健康を保つためのポイント
日刊ゲンダイヘルスケアは、血管の健康を保つための3つのポイントを紹介している。
日刊ゲンダイヘルスケア
コロナ禍でドラッグの過剰摂取での死亡率が増加
CDC(アメリカ疾病対策センター)の調査により、コロナ禍でドラッグ過剰摂取で死亡した人は10万人で、前年を3割近く上回ったことが明らかになった。
日刊ゲンダイヘルスケア
スイスのトップブランド「JURA」の全自動コーヒーマシン
自宅がカフェになってしまう全自動コーヒーマシン「JURA E8(ユーラ イーエイト)」の紹介記事。
GIZMODO
三井住友銀行、企業の温室効果ガスの排出量を見える化
時事通信社は、三井住友銀行が、企業の温室効果ガス排出量を把握するためのシステムを開発・販売すると発表したことを報じている。
時事通信
子どもの勉強嫌いは「個人の学力差を無視した全体主義的なカリキュラムの強制」が原因
東洋経済オンラインは、子供が勉強を進んで取り組まない理由について解説している。
東洋経済オンライン
日本人に合ったワークチェア
Bouncyは、日本企業による、日本人のためのワークチェア「COFO Chair シリーズ」を紹介している。
Bouncy
「孤独」をプラスに考える
ダイヤモンド・オンラインは、他者に依存せず、「個」として自立したエピソードを紹介している。
ダイヤモンド・オンライン
子どもの個別学習「GIGAスクール構想」
Tokyofm+は、ラジオ内で取り上げられた「子どもの未来を拓く GIGAスクール構想」を紹介している。
Tokyofm+
協業ロボットの市場の拡大
オートメーション新聞は、グローバルインフォメーションの調査レポートによると、協働ロボットの世界市場が、今後高い成長率で拡大を続けるという予測を立てている。
オートメーション新聞
SaaS市場の今年のトレンドは?
Business Insiderは、10年間で企業向けソフトウェアの世界を一変させたソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)について解説している。
Business Insider
認知症と腸内環境の関係
日経ヘルスは、医師らの啓発団体「40代からの認知症リスク低減機構」が開催するセミナーの中の、認知症と腸内細菌の関係について解説している。
日経ヘルス
自粛生活による健康への影響を調査
@DIMEは、山田養蜂場が全国の30歳以上男女3,391名を対象に、自粛生活中の健康に関する意識調査を実施した。
@DIME
交通騒音と認知症には関連がある
Gigazineは、デンマークの研究チームが行った、交通騒音と認知症のリスクとの関連を明らかにするためのデンマークに住む60歳以上の人々を対象にした全国規模の調査について解説している。
Gigazine
認知症は治るものではない
プレジデントオンラインは、高齢者精神科専門医の上田諭氏による、認知症との向き合い方について紹介している。
プレジデントオンライン
自己肯定感を高めるには?
東洋経済オンラインは、心理カウンセラーの中島輝氏の著書『うまくいっている人がしている 自己肯定感を味方にするレッスン』から、人生をより豊かにするためのメソッドを紹介している。
東洋経済オンライン
認知症二次予防の拠点である「健脳カフェ」
時事メディカルは、東京都新宿区に誕生した、「認知症発症を遅らせること」を目標とした拠点「健脳カフェ」について紹介している。
時事メディカル
「化学物質過敏症」の苦しみ
京都新聞は、香料など微量の化学物質が頭痛や吐き気を引き起こし、合成洗剤でも敏感に感じてしまう「化学物質過敏症」について紹介している。
京都新聞
順天堂大学、医学とスポーツの融合で社会問題の解決と人々の健康促進に貢献する
ITmediaは、順天堂大学が、スポーツと医学分野の連携を強化し、地域や学内外との横断的プロジェクト推進を支援する組織「スポーツ健康医科学推進機構」を設置したことを報じている。
ITmedia
近距離モビリティWHILLの操作時における高齢者の脳の動き
WHILL株式会社は、近距離モビリティ(次世代型電動車椅子)WHILLの操作時と、車の運転時におけるシニアの脳の動きを比較検証する調査に着手した。
PR TIMES
凸版印刷、イヤホン型脳波デバイスの販売を開始 働き方・学び方領域でのパフォーマンス向上ソリューション開発に活用
凸版印刷は、使用者の心理状態を可視化できる超小型・超軽量のイヤホン型脳波デバイス「b-tone®」の販売を2021年9月8日から開始する。
凸版印刷株式会社
業界初!機能性表示食品のエナジードリンク BMIが高めの方の内臓脂肪を減らす ダイドー×ヘルシア「The BURNING」を新発売
ダイドードリンコ株式会社は、2021年秋冬の新商品として、「The BURNING」(ザ バーニング)を9月20日(月)から発売する。
ダイドードリンコ株式会社
「空間×ヘルスケア」という健康領域の新市場
Woman's LABOは、健康に関する近年の新市場である「空間の整備によるヘルスケア」について紹介している。
Woman's labo
AI解析によりドローン空撮画像から人やモノを検出、被災状況を迅速に把握 ~被災地におけるスムーズな初動対応、復旧活動に貢献~
エア・ウォーターは、同社グループがAI画像解析技術を利用してドローン空撮画像から人やモノを検出できる「被災状況調査分析システム」を開発、ドローン機体の販売と併せて、自治体・消防当局向けに防災訓練や実運用までも包括的に支援する「防災ドローンソリューション」として販売を開始すると発表した。
エア・ウォーター株式会社
「木質内装建材・木の香りが精神・心理療法に与える効果を解明」へ 住友林業、東京慈恵会医科大学、BrainEnergy 3者が「木の心理療法室」で共同研究
住友林業株式会社、東京慈恵会医科大学、BrainEnergy株式会社は、うつ病に対する木の効果解明研究に乗り出す。
住友林業株式会社
腸の乱れを改善させる
腸は健康な体にとても大切な役割をもっていて、その腸が良い状態かを知る簡単な方法に、毎日身体から届くお便り(=つまり、便)のチェックがある。
朝時間.jp
AI創薬と宇宙実験
インテージホールディングスグループのインテージヘルスケアとSpaceBDは、AI創薬プラットフォーム「Deep Quartet」と、「高品質タンパク質結晶構造解析サービス」を連携させた共同研究を開始すると発表した。
Investing.com
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
A Dynamic Neuroworld
CLEAN INTERFACE
Adapt and align with changing research demands while driving research project forward.

Eat Well, Live well

And be Happy

Supported by BrainEnergy Inc.

We eat every day. We drink every morning.
If what you eat is healthy, your days will be full of happiness.
We are here to help you live a healthy life.

The story behind

BrainEnergy

ABOUT US

We believe in Innovative , Flexible Data Analysis System.

Our delivery of user-friendly interface stands for beyond data-analyse solutions.

Today’s world runs on user experience, and we work tirelessly to ensure data analysis applications are reliable and handy to use.

Chief Medical Officer (CMO) : Mitsuhiro Kita

Senior Medical Advisor : Masaru Mimura

Professor at Keio University School of Medicine Department of Neuropsychiatry, Japan.

Advisory Committee : Seiji Nishino

Professor and director at Stanford University Center for Sleep Sciences and Medicine, USA.

Shibuya Tokyo, Japan

Join us career01@brainenergy.jp