drag_handle
低ストレス空間の構築
Construction of low-stress rooms
BrainEnergyは未来に向けて地球に優しく快適な室内空間を構築しています。 BrainEnergy is constructing an earth-friendly and comfortable interior space for the future.
→ Learn more
自然環境と人間への観察と研究を経て、私たちが開発したデジタル医療技術はストレスをリリースできる空間を構築しています。 Through observation and research on the natural environment and humans, the digital medical technology we have developed creates a space where stress can be released.
IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)によれば産業革命前と比べた世界の平均気温上昇が2021年〜2040年までに1.5℃に達するとされています。これによって産業革命前は半世紀に1回だった極端な猛暑は1.5℃の気温上昇で9倍以上の頻度で起こり得ます。そこで各国は2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目標としています。未来に向けてBrainEnergyではデジタル技術を活用して地球に優しく快適な室内空間の構築を推進しています。 According to the IPCC (United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change), the global average temperature rise compared to before the Industrial Revolution will reach 1.5℃ between 2021 and 2040. As a result, the extreme heat, which was once every half a century before the Industrial Revolution, can occur more than nine times more frequently with a temperature rise of 1.5℃. Therefore, each country is aiming for zero greenhouse gas emissions by 2050. For the future, BrainEnergy is promoting the construction of earth-friendly and comfortable interior spaces by utilizing digital technology.
→ Learn more
脳活動と身体の働きをサポートする技術開発
Development of technology to support brain activity and body function
私たちの行動を支えるこころの働きを認知機能と呼びますが、認知機能の多くは20歳から30歳ごろがピークであり加齢とともに低下していきます。特に最近では、認知機能の解析に対して専門家からも多くの関心が寄せられています。脳活動データを大規模に解析することで、こころと身体の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The mental function that supports our behavior is called cognitive function, and most cognitive functions peak around the age of 20 to 30 and decline with aging. Especially recently, there has been a lot of interest from experts in the analysis of cognitive function. BrainEnergy is developing technology to understand the functions of the mind and body in more detail by analyzing brain activity data on a large scale.
認知機能に関するバイオマーカー開発
Development of biomarkers for cognitive function
高齢化が加速する日本および諸外国では、認知症は大きな課題となっています。多くの人がより健康な生活を長く送ることができればそれだけ医療費負担も軽減され介護などで必要な人手もより少なくてすみます。中枢神経領域の研究開発に長い間先進的な取り組みを進めるメーカーとともにBrainEnergyはバイオマーカー開発に取り組んでいます。 Dementia has become a major issue in Japan and other countries, where the aging of the population is accelerating. If many people can lead a healthier life for a long time, the burden of medical expenses will be reduced and less labor will be required for long-term care. BrainEnergy is working on biomarker development with manufacturers that have long been leading the way in research and development in the central nervous system.
中枢神経データベース・システム
Central Nervous System Database
BrainEnergy System™は医師が中心となって研究開発されこれまで国内・海外の医療機関や研究施設と膨大な中枢神経データを解析してきた実績があります。中枢神経データを大規模解析することで、脳の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The BrainEnergy System™ has been researched and developed mainly by doctors, and has a track record of analyzing vast amounts of central nervous system data with medical institutions and research facilities in Japan and overseas. BrainEnergy is developing technology to understand the function of the brain in more detail by analyzing central nervous system data on a large scale.
→ Learn more
デジタル・メディカル・オープンイノベーション
DigitalMedical Open Innovation Tokyo 2022
BrainEnergy produce DigitalMedical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
Technology
尿検査でがん検出
疾患や悪性化に深く関与しているマイクロRNAを尿から高効率に捕捉する技術を活用し、独自のデバイスが開発された。
たった1mlの尿で、高精度でがんを検出することができるという。
22年2月には、健康診断でのリスクチェックとして、卵巣がんおよび肺がんの検査サービスを提供開始する予定である。
Forbes Japan
イーライリリーとアイルランド政府産業開発庁が新工場に投資
イーライリリー・アンド・カンパニーとアイルランド政府産業開発庁は、同社がリムリックでの製造工場新設に約4億ユーロを投資する予定であると発表した。
この新工場は、イーライリリー社のバイオロジック有効成分の製造ネットワークの拡大及び既存の製剤需要増を支えるとともに、有望なアルツハイマー病関連新薬の製品ポートフォリオをはじめとする同社の安定した開発パイプラインを世界中の患者に提供する上で重要な役割を果たすことが期待されている。
本計画では、技師、科学者、業務担当者など高技能職300人を超える雇用が創出され、最新の生物製剤製造技術を駆使して健康上の課題を抱える患者の人生を変える治療薬を世に送り出すことが期待されている。
奈良新聞

Articles

過敏性腸症候群(IBS)には腸内細菌叢だけでなく「腸内ウイルス叢」も影響を及ぼす
Gigazineは、アメリカの研究チームが過敏性腸症候群(IBS)について、腸内細菌叢だけでなく「腸内ウイルス叢」も影響を及ぼしているとの論文を発表したことを報じている。
Gigazine
企業・医療法人・介護事業者へ シニア向けヘルスケアコンテンツ・オンライン研修を提供開始
ワイズは、保険外リハビリ施設「脳梗塞リハビリセンター」を2014年に開始以降、20施設を展開するに至る中で培ってきたノウハウの外部提供を開始する。
株式会社ワイズ
プラセンタ含有サプリメント「めにサプリ プラセンタ」を販売中
メニコンは、ヘルスケア向けサプリメントとして、プラセンタ含有サプリメント「めにサプリ プラセンタ」を販売中。
株式会社メニコン
空気清浄度管理に最適な新型パーティクルセンシングモニターを販売中
神栄の子会社である神栄テクノロジー株式会社は、民生家電分野向けで培った空気中の浮遊粒子計測のノウハウを活かし、空気清浄度管理を必要とする製造工程や作業環境での汚染度の見える化に役立つ、産業用パーティクルセンシングモニター『AES-FPM』を開発し販売を開始した。
神栄株式会社
αゲルを形成する化粧品原料『アルファピュール HSG』が日焼け止め製剤の機能を向上
三洋化成工業は、独自に開発したスキンケア化粧品原料『アルファピュール HSG』(開発品)が、日焼け止め製剤の機能を向上させることを見出したと発表した。
三洋化成工業株式会社
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
A Dynamic Neuroworld
CLEAN INTERFACE
Adapt and align with changing research demands while driving research project forward.

Eat Well, Live well, And be Happy

Supported by BrainEnergy Inc.

We eat every day. We drink every morning.
If what you eat is healthy, your days will be full of happiness.
We are here to help you live a healthy life.

The story behind BrainEnergy

Medical Data Analysis

We have been developing various medical data analysis technology with university hospitals. BrainEnergy's medical big data operating system is developed with the participation of experts from medical institutions all over the world, and many major companies including pharmaceutical companies have introduced the technology.

Neuro-Hardware Technology

Ultra-compact device that measures and analyzes brain function with high accuracy.

Powerful Performance

BrainEnergy includes tons of optimized applications that are completely functionable and deliver unmatched fast performance.

Premium Workspace

BrainEnergy included 6+ custom designed software for various calculation and analysis usage like Statical Analysis, real-time recorder, custom graph & others.

Unlimited Visual Options

Change the format of the graph in a flash just by drag and drop in our unique library. They will blend in perfectly.

Socially Strong

Get ready to make your presence felt socially with some awesome included social features with Brainenergy.

We believe in Innovative , Flexible Data Analysis System.

Our delivery of user-friendly interface stands for beyond data-analyse solutions.

Today’s world runs on user experience, and we work tirelessly to ensure data analysis applications are reliable and handy to use.

Chief Medical Officer (CMO): Mitsuhiro Kita

Senior Medical Advisor: Masaru Mimura

Professor at Keio University School of Medicine Department of Neuropsychiatry, Japan.

Senior Medical Advisor: Seiji Nishino

Professor and director at Stanford University Center for Sleep Sciences and Medicine, USA.

Shibuya Tokyo, Japan

Join us career01@brainenergy.jp

drag_handle
BrainEnergy SystemTM
The Dawn of the Sustainable Healthcare Era
→ Learn more
低ストレス空間の構築
Construction of low-stress rooms
BrainEnergyは未来に向けて地球に優しく快適な室内空間を構築しています。 BrainEnergy is constructing an earth-friendly and comfortable interior space for the future.
→ Learn more
自然環境と人間への観察と研究を経て、私たちが開発したデジタル医療技術はストレスをリリースできる空間を構築しています。 Through observation and research on the natural environment and humans, the digital medical technology we have developed creates a space where stress can be released.
IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)によれば産業革命前と比べた世界の平均気温上昇が2021年〜2040年までに1.5℃に達するとされています。これによって産業革命前は半世紀に1回だった極端な猛暑は1.5℃の気温上昇で9倍以上の頻度で起こり得ます。そこで各国は2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目標としています。未来に向けてBrainEnergyではデジタル技術を活用して地球に優しく快適な室内空間の構築を推進しています。 According to the IPCC (United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change), the global average temperature rise compared to before the Industrial Revolution will reach 1.5℃ between 2021 and 2040. As a result, the extreme heat, which was once every half a century before the Industrial Revolution, can occur more than nine times more frequently with a temperature rise of 1.5℃. Therefore, each country is aiming for zero greenhouse gas emissions by 2050. For the future, BrainEnergy is promoting the construction of earth-friendly and comfortable interior spaces by utilizing digital technology.
→ Learn more
脳活動と身体の働きをサポートする技術開発
Development of technology to support brain activity and body function
私たちの行動を支えるこころの働きを認知機能と呼びますが、認知機能の多くは20歳から30歳ごろがピークであり加齢とともに低下していきます。特に最近では、認知機能の解析に対して専門家からも多くの関心が寄せられています。脳活動データを大規模に解析することで、こころと身体の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The mental function that supports our behavior is called cognitive function, and most cognitive functions peak around the age of 20 to 30 and decline with aging. Especially recently, there has been a lot of interest from experts in the analysis of cognitive function. BrainEnergy is developing technology to understand the functions of the mind and body in more detail by analyzing brain activity data on a large scale.
認知機能に関するバイオマーカー開発
Development of biomarkers for cognitive function
高齢化が加速する日本および諸外国では、認知症は大きな課題となっています。多くの人がより健康な生活を長く送ることができればそれだけ医療費負担も軽減され介護などで必要な人手もより少なくてすみます。中枢神経領域の研究開発に長い間先進的な取り組みを進めるメーカーとともにBrainEnergyはバイオマーカー開発に取り組んでいます。 Dementia has become a major issue in Japan and other countries, where the aging of the population is accelerating. If many people can lead a healthier life for a long time, the burden of medical expenses will be reduced and less labor will be required for long-term care. BrainEnergy is working on biomarker development with manufacturers that have long been leading the way in research and development in the central nervous system.
中枢神経データベース・システム
Central Nervous System Database
BrainEnergy System™は医師が中心となって研究開発されこれまで国内・海外の医療機関や研究施設と膨大な中枢神経データを解析してきた実績があります。中枢神経データを大規模解析することで、脳の働きをより詳細に理解するための技術開発をBrainEnergyでは進めています。 The BrainEnergy System™ has been researched and developed mainly by doctors, and has a track record of analyzing vast amounts of central nervous system data with medical institutions and research facilities in Japan and overseas. BrainEnergy is developing technology to understand the function of the brain in more detail by analyzing central nervous system data on a large scale.
→ Learn more
DigitalMedical
Open Innovation Tokyo 2022
BrainEnergy produce DigitalMedical open innovation from Tokyo, where you can experience the intersection of cool and passionate design and technology.
Technology

Articles

ビジネスパーソンの疲労をリセットするプログラム
オクシイ株式会社は、疲労回復専用ジム「ZERO GYM(ゼロジム)」とマフィス会員向けサービスにおいて協業を開始した。同社は保育施設併設シェアオフィスのマフィスを運営している。
@Press
脳を可視化して脳トレの成果を実感
日刊ゲンダイヘルスケアは、東北大学と日立ハイテクが設立した脳科学ベンチャー「NeU」が開発した「Active Brain CLUB」という脳トレ製品を紹介している。
日刊ゲンダイヘルスケア
血小板の数値とがん発症リスクの関連
日刊ゲンダイヘルスケアは、「血小板」の数値とがんの関連について解説している。
日刊ゲンダイヘルスケア
ミレニアル世代への「遊び」に関する意識調査
ITmediaは、ヤマハ発動機が行った、ミレニアル世代(20~30代)の社会人を対象とした「遊び」に関する調査を紹介している。
ITmedia
貧乏な人と金持ちな人の夜の習慣の違い
AllAboutは、お金持ちになる人と、貧乏になる人の「夜の過ごし方の違い」を解説している。
AllAbout
手と足の感覚情報処理が、脳の中でつながっていることが判明
医療ニュースは、京都大学が、「手と足の感覚情報処理が、脳の中でつながっている」ことを世界で初めて明らかにしたことを報じている。
QLifePro
業界最小のARヘッドセット
ITmediaは、米Magic Leapが新型ARヘッドセット「Magic Leap 2」の外観を発表したことを報じている。
ITmedia
ダイエットには十分な睡眠が重要ダイエットには十分な睡眠が重要
マイナビニュースは、痩せるために大切な睡眠について解説している。
マイナビニュース
味覚を再現する「味ディスプレイ」
National Geographicは、明治大学の研究者が開発した、味覚を記録して再現する「味ディスプレイ」について紹介している。
National Geographic
5Gの進化により向上する医療スキル
Beyond Healthは、XRの拡大によって向上する医療・ヘルスケアに関するスキルについて解説している。
Beyond Health
脳波の継続的な増減とニューロン発火のタイミング
Gigazineは、神経細胞(ニューロン)が活動電位に達する「発火」について解説している。
Gigazine
幼少期の運動経験が、後年の認知機能に良い影響を与える
マイナビニュースは、神戸大学と玉川大学が、幼少期の運動経験と後年の認知機能の関係を調査し、脳の構造的・機能的変化を解明したことを報じている。
マイナビニュース
午後の睡魔を吹き飛ばす方法(カフェイン以外)
Lifehackerは、午後の睡魔を吹き飛ばす方法を紹介している。
Lifehacker
メンタルヘルスケアサービスを提供するスタートアップが資金調達を実施
TechCrunchは、メンタルヘルスケアをより身近なものにしたいと考えていスタートアップ「Intellect(インテレクト)」が220万ドルの資金調達を行ったことを報じている。
Tech Crunch
農業の機械化で、作業効率アップ
ITmediaは、農作業へのロボット導入や機械化が進んでいる大阪府太子町の取り組みについて紹介している。
ITmedia
スポーツ選手にとって「睡眠」は練習のうちの一つ
THE ANSWERは、スポーツ選手にとっての睡眠の大切さについて解説している。
THE ANSWER
「空間×ヘルスケア 2030」実現に向けた新プロジェクトを開始
Beyond Healthは、「空間×ヘルスケア 2030」というビジョンの実現に向けた新プロジェクト「ビジョナリー・フラッグ・プロジェクト(VFP)」を開始したことを報じている。
Beyond Health
役目を終えた後は体内に吸収されるペースメーカー
WIREDは、アローラの研究チームが、一定期間機能したあとに体内に溶けて消える「時限的」ペースメーカーの開発に成功したことを報じている。
WIRED
非生物由来で患者の血液凝固能に依存しないウレタン系止血材を香港で販売開始
三洋化成工業は、同社が製造し、 医療機器メーカーのテルモ株式会社が販売する中心循環系非吸収性局所止血材「マツダイト[ペットネーム:Hydrofit®(ハイドロフィット)、海外販売名:AQUABRID®(アクアブリッド)]」が 香港での販売を開始したと発表した。
三洋化成工業株式会社
食べものの重さによって味覚が変化する実験
ITmediaは、東京大学が開発した、重量を変えて飲料の味を変化させる知覚変化システム「Balanced Glass Design: A flavor perception changing system by controlling the center-of-gravity」を紹介している。
ITmedia
日本の経済成長と環境問題
ダイアモンドオンラインは、代ゼミ講師の宮路秀作氏が出版した『経済は統計から学べ!』の一部を紹介している。
ダイアモンドオンライン
丸の内キャピタル、株式会社三浦屋の全株式を取得する契約を締結
丸の内キャピタルが管理・運営する「丸の内キャピタル 2 号ファンド」は、株式会社いなげやが保有する株式会社三浦屋の全株式を取得する株式譲渡契約を締結したと発表した。
株式会社丸の内キャピタル
AI技術によってカラー化された戦時中の写真
ハフポストは、AIによって戦前~戦後のモノクロ写真をカラー化する「記憶の解凍」プロジェクトについて紹介している。
HUFFPOST
コロナ禍における若者や女性の自殺の増加と要因
BUSINESS INSIDER JAPANは、日本財団が、女性や若年層での自殺者の増加が顕著であることを踏まえ、「第4回自殺意識調査」の結果を発表したことを報じている。
Business Insider Japan
過敏性腸症候群(IBS)には腸内細菌叢だけでなく「腸内ウイルス叢」も影響を及ぼす
Gigazineは、アメリカの研究チームが過敏性腸症候群(IBS)について、腸内細菌叢だけでなく「腸内ウイルス叢」も影響を及ぼしているとの論文を発表したことを報じている。
Gigazine
企業・医療法人・介護事業者へ シニア向けヘルスケアコンテンツ・オンライン研修を提供開始
ワイズは、保険外リハビリ施設「脳梗塞リハビリセンター」を2014年に開始以降、20施設を展開するに至る中で培ってきたノウハウの外部提供を開始する。
株式会社ワイズ
プラセンタ含有サプリメント「めにサプリ プラセンタ」を販売中
メニコンは、ヘルスケア向けサプリメントとして、プラセンタ含有サプリメント「めにサプリ プラセンタ」を販売中。
株式会社メニコン
空気清浄度管理に最適な新型パーティクルセンシングモニターを販売中
神栄の子会社である神栄テクノロジー株式会社は、民生家電分野向けで培った空気中の浮遊粒子計測のノウハウを活かし、空気清浄度管理を必要とする製造工程や作業環境での汚染度の見える化に役立つ、産業用パーティクルセンシングモニター『AES-FPM』を開発し販売を開始した。
神栄株式会社
αゲルを形成する化粧品原料『アルファピュール HSG』が日焼け止め製剤の機能を向上
三洋化成工業は、独自に開発したスキンケア化粧品原料『アルファピュール HSG』(開発品)が、日焼け止め製剤の機能を向上させることを見出したと発表した。
三洋化成工業株式会社
尿検査でがん検出
疾患や悪性化に深く関与しているマイクロRNAを尿から高効率に捕捉する技術を活用し、独自のデバイスが開発された。
Forbes Japan
イーライリリーとアイルランド政府産業開発庁が新工場に投資
イーライリリー・アンド・カンパニーとアイルランド政府産業開発庁は、同社がリムリックでの製造工場新設に約4億ユーロを投資する予定であると発表した。
奈良新聞
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
play_circle_filled
A Dynamic Neuroworld
CLEAN INTERFACE
Adapt and align with changing research demands while driving research project forward.

Eat Well, Live well

And be Happy

Supported by BrainEnergy Inc.

We eat every day. We drink every morning.
If what you eat is healthy, your days will be full of happiness.
We are here to help you live a healthy life.

The story behind

BrainEnergy

ABOUT US

We believe in Innovative , Flexible Data Analysis System.

Our delivery of user-friendly interface stands for beyond data-analyse solutions.

Today’s world runs on user experience, and we work tirelessly to ensure data analysis applications are reliable and handy to use.

Chief Medical Officer (CMO): Mitsuhiro Kita

Senior Medical Advisor: Masaru Mimura

Professor at Keio University School of Medicine Department of Neuropsychiatry, Japan.

Senior Medical Advisor: Seiji Nishino

Professor and director at Stanford University Center for Sleep Sciences and Medicine, USA.

Shibuya Tokyo, Japan

Join us career01@brainenergy.jp